京つう

  らくたび  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年09月06日

涼を求めて、東福寺周辺を散策しました

いつもはんなりエッセイをご覧いただきありがとうございます。
こちらでははじめまして、出版部門の今田です。

さて、連日スタッフが夏の散策レポートを更新しておりますが
私も先月、東福寺周辺をめぐってまいりました。
たどったコースはJR・東福寺駅をスタートし、まずは瀧尾神社へ。少し歩いて泉涌寺と塔頭寺院にお参りしたあと、東福寺と塔頭寺院のお庭をめぐりました。

たくさんめぐったので、ピックアップしてご紹介します。

=泉涌寺 総門=
泉涌寺・総門
泉涌寺周辺は即成院、戒光寺、今熊野観音寺、来迎院をめぐり、泉涌寺へ。
総門をくぐると、夏の暑さを吹き飛ばすような涼やかな空気に一変します。

=今熊野観音寺 鳥居橋=
今熊野観音寺・鳥居橋
晩夏とはいえ、緑はまだまだ美しいですね。

続いて、秋は多くの観光客が訪れる東福寺。
この時期は比較的人波もおだやかで、じっくり拝観することができました。

=東福寺 臥雲橋=
東福寺・臥雲橋

=東福寺 方丈=
東福寺・方丈

=東福寺 通天橋=
東福寺・通天橋
閉門間近な時間帯だったこともあり、通天橋からの景色は独り占め状態!
なかなかこんな機会はないな……!とひとりで悦に浸っておりました。

=東福寺 東司=
東福寺・東司
六波羅門のそばにある東司は、室町時代に建てられた日本最古のトイレとして重要文化財に指定されています。
禅僧にとっては用便も修行のうちということで、作法も細かく定められていました。
方丈庭園、通天橋、紅葉と見どころ満載の東福寺ですが、こちらも要チェックですよ!

どんどんまいります。
塔頭のお庭めぐりは芬陀院、光明院へ。

=芬陀院 鶴亀の庭=
芬陀院・鶴亀の庭
芬陀院では、水墨画家・雪舟が作庭したとされる鶴亀の庭を見てきました。
二度の火災と長い歳月の中で荒廃していましたが、東福寺の方丈庭園を手掛けた重森美玲の手によって復元されています。
こちらも独り占めだったので、静まり返ったお庭を眺めながら、のんびりと物思いにふけったり。

=芬陀院 図南亭=
芬陀院・図南亭
お茶室からの景色もパシャリ。


紅葉の名所は緑の名所!ということであのお寺、あのお庭も……と歩いていたらなんと4時間越えの散策になっていました。
ふだんはオフィスで座りっぱなしなので、散策で動き回ったり社寺の荘厳な雰囲気に触れると、体も心もリセットして「明日もがんばろう!」と思えます。大満足の休日になりました。

これからの季節は過ごしやすく散策にぴったりなので、みなさまもぜひお出かけくださいね。

おまけ。
東福寺塔頭のひとつ、正覚庵の門前でたぬきを発見。蓮の花を手にした姿がとってもキュートでした。


らくたび 今田




Posted by らくたびスタッフ    at 20:55