京つう

  らくたび  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2015年10月29日

≪ 京町家に屏風を飾る ≫ in らくたび京町家

≪ 京町家に屏風を飾る ≫ in らくたび京町家

らくたびスタッフの河村は、以前に京都伝統工芸大学校で
和紙工芸を学んでいました。美術系が得意ということで
「 らくたび京町家 」で開催するイベントの際には、手書き
看板を描いてもらっています。



京都伝統工芸大学校の卒業時には、卒業制作として
手漉きの和紙で屏風を制作したそうでして、
その屏風は、美術・工芸を通じて交流を深めるフランスの
学校にも展示のために運ばれて、その後は京都・烏丸三条の
伝統工芸館で展示・保管されていました。 

このたび、その屏風を京町家に飾るために、本日の午前中、
伝統工芸館から京町家へと運び込みました。

らくたび京町家に、華やかに輝く、素敵な屏風の登場です!


河村の解説によると・・・

表側(黄色)は、紙の原料となる楮 ( こうぞ ) を黄色に染めて漉いた紙に、
“ 雲母 ( きら ) ” と顔料を使用して、唐紙の技法 “ 付押 ( つきおし ) ” で
水玉模様を散らしています。

裏側(白色)は、楮を天然のまま用いた白い紙に、貝殻から作られた
顔料 “ 胡粉 ( ごふん ) ” を使用して、同じく付押にてヨーロッパ調の
紋様を散らしています。

とのこと。なるほど~。
和室だけではなく、洋間の応接室にもピッタリです。


切り絵作家・鎌田沙織さん制作のらくたび京町家の切り絵、
株式会社 ぼくらがつくるとこうなります(略して「ぼくなり」)さん制作の
テーブル・イス、弊社で制作に関わらせていただいた書籍
『まっぷる京都 さんぽ地図(昭文社)』とともに、町家の応接間を
飾っています。



らくたび京町家にお越しの際は、ぜひご覧ください~!

らくたび 森


同じカテゴリー(らくたび京町家)の記事画像
8月5日(日)夏やすみ!こども茶会を開催しました
新企画・第1回「らくたび京町家 で 京の仕出し料理 を 味わう!」 レポート
2018年7月7日(土)ゆるり茶会のお知らせ☆彡
6月16日 嘉祥菓子ゆるり茶会
6/30 京町家でマジック講座開催
4月15日 観桜ゆるり茶会レポート
同じカテゴリー(らくたび京町家)の記事
 8/14 テレビ出演のお知らせ (2018-08-10 13:48)
 8月5日(日)夏やすみ!こども茶会を開催しました (2018-08-06 11:00)
 新企画・第1回「らくたび京町家 で 京の仕出し料理 を 味わう!」 レポート (2018-07-12 16:15)
 2018年7月7日(土)ゆるり茶会のお知らせ☆彡 (2018-06-19 08:00)
 6月16日 嘉祥菓子ゆるり茶会 (2018-06-16 17:53)
 6/30 京町家でマジック講座開催 (2018-06-06 18:00)

Posted by らくたびスタッフ    at 16:37 │らくたび京町家