京つう

  らくたび  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2013年10月07日

後白河上皇ゆかりの≪法住寺殿跡≫めぐり

10月3日(木)の京都さんぽは、京阪・東福寺駅をスタートし
東山七条エリアを散策しました。

「 東山七条 」といえば、豊臣秀吉ゆかりの社寺史跡が残る
ところ。これまでのらくたび京都散策でも「 豊臣秀吉 」を
テーマにした散策を何度も行ってきました。

でも…
同じ場所に、まったく異なる歴史が地層のように重なるのが
京都のおもしろいところ。

今回はあえて自らに「 秀吉封印 」の命を出し(?)、平安末期に
このあたり一帯を営まれた後白河上皇の≪法住寺殿跡≫を
テーマに散策
を企画しました。

【 法住寺跡ゆかりの史跡 】


【 新熊野神社 】


【 新日吉神宮 】


【 法住寺 】

法住寺では、後白河上皇が熱中した「 今様 」をお聞きいただき、御陵を参拝。
美しい歌声に一同うっとり…

「 法住寺殿 」の史跡は確かに少ないです。でも、確実に残っているのです!
ご参加者さまから「 テーマが違うと説明も全然違うんですね 」
言っていただけ、うれしい限り。
ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。

                                      らくたび 森


同じカテゴリー()の記事画像
らくたび紫野別邸 お披露目会のご案内
大船鉾 町会所が完成
- 京都の歴史文化を伝える人に…
二葉葵の葵ちゃん 2017年
今年は寒さが長引き、桜の開花が…
4月3日(月)京都さんぽのご案内
同じカテゴリー()の記事
 らくたび紫野別邸 お披露目会のご案内 (2017-04-24 09:00)
 大船鉾 町会所が完成 (2017-04-20 09:00)
 - 京都の歴史文化を伝える人に… (2017-04-19 22:10)
 二葉葵の葵ちゃん 2017年 (2017-04-03 23:22)
 今年は寒さが長引き、桜の開花が… (2017-04-02 13:42)
 4月3日(月)京都さんぽのご案内 (2017-03-31 12:00)

Posted by らくたびスタッフ    at 12:00 │Comments(2)

この記事へのコメント
すごくすごく行きたかったのですが、残念ながら叶わず…(落涙)。
同じ場所にあって、時代により全く違う様相を見せてくれる歴史の地層。森さんの今回の切り口も面白いですね。味わってみたかったなぁ~、その歴史のミルフィーユ。さらに京都の奥深さを堪能できるのでしょうね。
「今様」も、NHKの「平清盛」内で歌われたものとは趣を異にすると聞き及んでいますので、是非また後白河法皇にスポットを当てていただき、法住寺でそのうっとりするような「今様」を拝聴できる機会をおつくりいただければなぁと思います。
Posted by 参加できなかったT at 2013年10月07日 23:15
参加できなかったTさんへ

あらら、残念でしたね・・・
法住寺さんの今様は、聞かせてもらうたびに
うっとりする美しさ、平安の雅そのものです。

法住寺殿跡めぐりをした後には、三十三間堂も
違って見えてくるんですよ。
ぜひ、またご一緒しましょう!

追伸
「歴史のミルフィーユ」名言ですね(笑)
Posted by らくたびスタッフ  らくたびスタッフ   at 2013年10月08日 09:33
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。