京つう

  らくたび  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年04月15日

4月15日 観桜ゆるり茶会レポート

例年になく桜の開花が早かった今年。
本日開催された観桜のゆるり茶会は、
まさに今年最後の
「名残りの桜」を楽しむ会となりました。

ミニ講座では「桜さんぽ」をテーマに、
洛中洛外でまだ楽しめる桜のご紹介や、
伝説の残る桜、和歌に学ぶ桜など、
さまざまな角度から桜の魅力を解説。



飲み物も、桜湯でおもてなしをいたしました。




お弁当をはさんで、いよいよお茶会。
お茶席中央に設けた桜の生け花を囲むようにして座り、
桜を愛でながら、お茶を味わいます。




今回の桜は、八重桜と啓翁桜の2種。



大きくダイナミックな花の八重桜を、
小さく品のある啓翁桜が見事に引き立てていました。




そしてお菓子は京菓子司・亀屋良長の「春うらら」。
こちらも生け花の桜に負けず劣らず、満開の一品。



最初から最後まで桜尽くしのお茶会で、
皆様の笑顔も満開になったように感じました。


  

Posted by らくたびスタッフ    at 18:48らくたび京町家