京つう

  らくたび  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年09月09日

9月9日 重陽神事・鳥相撲を観賞 in 上賀茂神社

9月9日は「重陽の節句」ということで、本日の京町家イベントは、
上賀茂神社で執り行われた重陽神事・鳥相撲を鑑賞。

イベント全体としては…
上賀茂神社で神事を見学
→御薗橋を渡り、御土居跡を見学
→久我神社(上賀茂神社の摂社)
→紫野別邸という流れでした。

上賀茂神社の重陽の神事は、最初に斎王代が細殿に着座し、
神職の方々と烏相撲を行う子供達が細殿の南庭に入り、
東の禰宜方と西の祝方に分かれて座ります。

自分の方が勝つようにと行われる神事や、
神殿に向かって子供の名簿が読み上げ、
その後細殿の立て砂の前で弓矢と刀を持った刀禰(とね)による烏が跳ねるかのように
3度ぴょんぴょんぴょんと横飛びの動作を繰り返した後、
「カーカーカー」「コーコーコー」となく所作が行われました。


細殿前(神事始まる前)



烏の所作をする刀禰


その後、子供達による東西に分かれた相撲が行われ、
相撲の後は菊の節句にちなみ菊酒が振る舞われ、長寿を願います。


神職の方々と烏相撲の子供達



菊酒の授与

そして、上賀茂神社を出た後は、らくたび京町家・紫野別邸にて、
ランチ&町家見学を行いました。




紫野別邸に移動した後、まずは不老長寿を願い菊酒を味わいました。
お酒に浮かべた菊の花。香りもほんのり楽しんでいただけたかと思います。




そして、季節を感じながらのお昼ご飯の時間。
今回のお弁当は、宝暦7(1757)年創業の京料理 二傳さんのお弁当でした。




見た目にも華やかなお弁当を重陽の節句らしく、
仕上げに菊の花を散らして仕上げました。

お食事の後は、町家を自由に見学していただき、
風情ある京町家でのひと時を楽しんでいただけたのではないでしょうか。

ふくま
  

Posted by らくたびスタッフ    at 18:53