京つう

  らくたび  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年03月25日

《桃の節句ゆるり茶会》 - 雅な遊びに興じて一服 -

春の日差しに心が浮き立つ3月、旧暦の桃の節句にちなんだお茶会で、皆様をお迎えしました。


~お座敷の雛人形~


まずは、若村とお茶の先生がご挨拶。童心に戻って、「あかりをつけましょ、ぼんぼりに~♪」を、声をそろえて歌います。

点心(軽食)は、菜の花やタケノコで春らしさを演出。百合根で作ったやさしい色合いの花びらが、ハラハラと舞っています。

もちろん、白酒も用意しましたよ。


さて、食事の後は雅な昔遊びの時間です。
的に向けて扇を投げて得点を競う投扇興(とうせんきょう)や、貝の絵柄をそろえる貝合わせは、時の経つのも忘れるほどの盛り上がり。

~投扇興~

~貝合わせ~


そして、最後はお茶会でしめくくります。
本日のお茶菓子は、京都のひなまつりには欠かせない引千切(ひちぎり)。その昔、宮中で人手が足りない時に、餅を丸める手間を惜しんで引きちぎったことにちなみ名付けられたお菓子です。

大いに遊び、味わい、都人に成り代わって春うららかな一日を過ごしました。

さて、来月4月16日(日)は、 桜花ゆるり茶会です。
生け花の桜を茶席に据え、いづ重の名物・上箱寿司をいただきます。

春爛漫の京町家で、皆様をお待ちしていますICON144

らくたび・戸塚  

Posted by らくたびスタッフ    at 17:03Comments(0)

2017年03月24日

4月~6月 「 らくたび京町家イベント 」のお知らせ

≪≪≪  らくたび京町家イベントのお知らせ  ≫≫≫
4/29(土・祝)17:00~19:00 - 京町家で感じる京の四季 ≪ 卯月 ≫ -

謡い、能面、能装束着装の体験から能楽の世界に触れる
観る、聴く、学ぶ、はじめての「能楽」ワークショップを開催します。

5/31(水)10:00~13:00 - 京町家で感じる京の四季 ≪ 皐月 ≫ -

らくたび京町家・初夏の行事「夏のしつらえ替え」の体験と
新緑の庭を眺めて京料理・二傳「鱧弁当」をご賞味ください。

6/4(日)14:00~16:00 - 京町家で感じる京の四季 ≪ 水無月 ≫ -

歴史×サイエンス 理系出身の若村講師スペシャル講演
自然科学で歴史を紐解くと、真実の歴史が見えてくる!

「 町家オフィス 」を活用した「 らくたび 」ならではの企画です。
詳細については「 らくたびオフィス 」までお問合せくださいませ。
075-257-7320 (平日9時~18時/土日は転送対応)

ご参加お待ちしています。

らくたび 森  

2017年03月24日

3月31日 京都さんぽのお知らせ

3月31日(金)

京に春到来!近衛邸跡の糸桜と
とっておきの桜名所「本満寺」へ




集合場所 : 13時 京阪・出町柳駅 叡電口改札前(地下)
ご案内 : 講師・富田 啓子

くわしくは こちら へ
  

Posted by らくたびスタッフ    at 09:00Comments(0)散策・講座のご案内

2017年03月23日

「 らくたび 」 4月~6月 京都さんぽのご案内

「 らくたび 京都さんぽ 」のお知らせです。初夏を彩る「 花めぐり 」や
自然あふれる「 洛外めぐり 」、古都ならではの雅な「 年中行事 」など
見どころたくさん。春風を感じながら一緒にまち歩きを楽しみましょう!


◎◎◎ 花めぐり ◎◎◎ 
桜だけではなく、初夏には睡蓮や花菖蒲などの美しい花も見頃に。

4/24(月)13:00~16:00 講師:山下輝雄
新緑映える竹の寺「 地蔵院 」から 
山吹が美しく咲き誇る松尾大社へ

6/11(日)13:00~16:00 講師:安達千鶴子
初夏の睡蓮や花菖蒲が彩る勧修寺 
絶世の美女・小町ゆかりの隨心院

6/18(日)13:00~16:00 講師:山下輝雄
藤森神社の紫陽花祭&蹴鞠観覧と 
欣浄寺の伏見大仏・特別拝観へ


◎◎◎ 洛外めぐり ◎◎◎ 
市内中心部を離れて、郊外に点在する地域の魅力に触れてみよう。

5/2(火)11:00~15:30 講師:富田啓子( 昼食付き/定員20名様 )
平等院の庭園で藤の香に包まれて 
源氏物語の舞台・宇治でランチ!

5/4(木・祝)10:30~14:00 講師:森明子( 昼食付き/定員30名様 )
みどりの日に訪れる新緑の名所と 
「 らくたび紫野別邸 」お披露目会

5/7(日)13:00~16:00 講師:山村純也
隠れたツツジの名所・妙満寺と 
比叡山の絶景を楽しむ圓通寺へ


◎◎◎ 年中行事 ◎◎◎ 
京都の年中行事を、講師の解説付きでじっくりと見てみましょう。

5/3(水・祝)13:00~16:00 講師:若村亮
疾走する馬上から放つ矢が的へ 
迫力の流鏑馬を観覧席から鑑賞!

5/15(月)12:30~16:00 講師:安達千鶴子
雅な平安絵巻「 葵祭 」行列観覧 と
カキツバタが咲き誇る大田神社へ

6/30(金)13:00~16:00 講師:富田啓子
青葉&若葉が輝く北野の地を散策 
三社の茅の輪くぐりとご利益巡り

詳細については「 らくたびオフィス 」までお問合せくださいませ。
075-257-7320 (平日9時~18時/土日は転送対応)

ご参加お待ちしています。

◆ 「 桜さんぽ 」はこちらへ
http://essay.kyo2.jp/e503545.html

  

Posted by らくたびスタッフ    at 12:00Comments(0)散策・講座のご案内らくたび会員さまへのお知らせ

2017年03月22日

「 桜さんぽ 」のお知らせ

「 らくたび 桜さんぽ 」のお知らせです。
京都の春といえば桜。まだ見ぬ桜との出逢いを楽しみましょう♪

4/1(土)13:30~15:30 講師 : 田中昭美 
春爛漫、あでやかな祇園の桜並木 
白川から粟田神社まで桜さんぽ♪

4/2(日)13:00~16:00 講師 : 若村亮
春本番、桜の季節がついに到来! 
西陣に咲くヒミツのサクラ名所へ

4/3(月)13:00~16:00 講師 : 森明子
栄華を極めた天下人・秀吉の夢 
方広寺の大仏に込めた想いとは?

4/9(日)13:00~16:00 講師 : 山村純也
御室散策から伝説の「鳴滝」探し 
周山街道を椿の名所平岡八幡宮へ

4/10(月)11:30~15:30 講師 : 安達千鶴子( 昼食付/20名様 )
春爛漫!桜が咲き誇る毘沙門堂と 
山科の隠れた料理処で会席ランチ

詳細は「 らくたびオフィス 」までお問合せくださいませ~♪
☎ 075-257-7320 (9時~18時/平日 ※土日は転送対応)
  

Posted by らくたびスタッフ    at 20:44Comments(0)散策・講座のご案内らくたび会員さまへのお知らせ

2017年03月22日

3月29日 京都さんぽのお知らせ

3月29日(水)

西本願寺「飛雲閣」の特別公開と
春、桜の花が咲く鴨川&渉成園へ




集合場所 : 13時 京阪・清水五条駅 改札前
ご案内 : 講師・若村 亮

くわしくは こちら へ
  

Posted by らくたびスタッフ    at 09:00Comments(0)散策・講座のご案内

2017年03月18日

「 みやこ学び旅 2017 」ご参加ありがとうございました

~ ほんものの京都、学びに行きます ~ みやこ学び旅 2017
大政奉還150年記念 「 幕末維新と大政奉還 」


3月11日~17日、京都市観光協会・日本おもてなし学会・JTB西日本が
連携し、京都をより深く学ぶ短期集中講座『 みやこ学び旅 』が開講され、
「 らくたび 」は現地講座(4講座)と座学(1講座)を担当させていただきました。

2017年は大政奉還150年の節目の年。
各地からご参加くださった「 学生 」の皆様に動乱の幕末、坂本龍馬や新選組ら
幕末の志士たちが駆け抜けた地・京都で歴史ロマンを体感していただきました。
多数のご参加ありがとうございました!

らくたび 森  

Posted by らくたびスタッフ    at 12:00Comments(0)散策・講座のご案内

2017年03月17日

真如堂の涅槃図には動物がぎょうさん!

こんにちは。
間もなくやってくる桜の季節を思うと、なんだかソワソワ落ち着かない気分…ですが、寒い!寒いですね!そのせいか、菅大臣神社の飛梅はまだ蕾ですよ。

桜の開花はまだもうちょっと先ですが、真如堂では馬酔木(あせび)の花が咲き誇ります。明日(3月18日土曜日)はそんな真如堂へ、涅槃図を拝観にまいりますよ~(京阪ウォーク)。

こちらの涅槃図、描かれている動物はなんと127種類なんですって。日本最多の種類なんだとか。さもありなん…。この機会にぜひ拝観くださいね。

真如堂。境内に入れば背筋もしゃんとなりますね。



馬酔木。こちらは真如堂の近く、吉田山荘の近くに咲いていました。



ゆく冬を感じながら、ゆったり京都さんぽをご一緒にface02


らくたび
田中昭美
  

Posted by らくたびスタッフ    at 19:59Comments(0)

2017年03月17日

3月18日(土) 京都さんぽのご案内

2017年3月18日(土)京都さんぽ
≪ 淀を望んだ閑雅な茶室・淀看席と
豪商・三井家寄進の涅槃図参拝へ ≫


( 写真 : 早春を彩るアセビの花 )

普段非公開の文化財が公開される「京の冬の旅」はいよいよ3月18日(土)で
終了となります。

明日(3/18)の京都さんぽでは、公開寺院のひとつ、金戒光明寺の塔頭
西翁院を訪問。高台に位置し、かつては淀まで遠望できたことから
「 淀看席 」と称される閑雅な茶室が見どころです。

また、四季折々の花が楽しめる隠れた花名所・真如堂では、江戸中期の
涅槃図を拝観。127種類もの動物が描かれ、種類の数では日本最多とも
いわれています。動物好きさん必見!

明日はお天気もよさそうです。春の京都を歩いてみませんか?
ご参加お待ちしています~♪

お申込み・詳細は・・・
http://www.rakutabi.com/sanpo_sp1.html#s20170318

らくたび 森
  

Posted by らくたびスタッフ    at 13:00Comments(0)散策・講座のご案内らくたび会員さまへのお知らせ

2017年03月15日

同志社大学経済学部父母会 らくたびの“千年の都「京都」を歩く”ツアー

同志社大学経済学部父母会様の総会に準じて開催される、
らくたびの“千年の都「京都」を歩く”ツアー。今回は洛中編で≪大政奉還150周年≫にめぐる≪幕末歴史ウォーク≫でした。毎回このツアーを楽しみにしてくださる父兄様も多く、今回も春の先取りもあってわいわいがやがやと、時にはらくたび講師の説明に耳をかたむけ真剣なまなざしで聞いてくださる姿がありました。今回もらくたび講師の森明子が洛中の京都をたっぷりご案内いたしました。その模様をご案内します。

集合・地下鉄二条城前駅にて

【堀川通】
地下鉄東西線の二条城前駅を出発し、同志社大学経済学部父母会様の一行は、京都市内を南北に延びる堀川通へ。堀川通の名前は昔、道沿いの堀に川が流れていたことから由来しますが、今は整備されて本筋の川は見えません。堀川の歴史は1200年前の平安京にさかのぼり、当初川幅は大きく豊かな水が流れていたようです。この流れを使って京都の北から都の中心部まで木材を運んで建物を建てました。時代が下ると友禅染で堀川が利用され、友禅染工程の一つ“のり流し”を堀川の水で行い、洗い出されたのりが濁れば濁るほど産業の発展を意味することから良いとされました。そして、多色ののりが洗い出され様ざまな色が川に彩られたことから“虹の川”とも呼ばれたそうです。後に工業で水が少なくなり整備されて川の水は地下道に潜ることになりましたが、その上を走る堀川通の横を、低いお堀の特徴を生かした遊歩道がつくられ人工の小川が流れています。この遊歩道の小川に沿って一行は御池通から竹屋町通まで歩きました。

お堀を整備し利用した遊歩道


【二条城】
竹屋町通で下の遊歩道から上の堀川通へ上がり二条城へ。二条城は言わずと知れた徳川家康ゆかりのお城です。広い敷地内でまず見学するのは屋敷などの建物がある二の丸御殿のエリヤです。二の丸御殿を拝観する前に城内建物の配置や屋敷の部屋を講師の森が説明しました。

二条城城内案内図前で二の丸御殿の説明



二の丸御殿



【二条城・二の丸御殿】
御殿のお屋敷内は奥へ行けば行くほど将軍様に近くなる。将軍に近い奥の間に通されるのは位、身分の高い人とされ、身分によって通される部屋が決まっていたそうです。近くの間の遠侍(とおさぶらい)などは、他の武家・大名が最初に通される間で、威嚇の意味が込められているのか派手やかな金色の背景とともに虎と豹の絵が襖に描かれています。中ほどの大広間は威厳を示すため、松の木などを描いて広大さを演出した部屋で、幕末に諸藩の重臣を集めて大政奉還を発表した歴史的な舞台となりました。次に奥へ進み黒書院になると狩野探幽の弟・尚信が手掛けた襖絵となる桜の襖絵があります。こちらの部屋は身内や親しい人との対面に使われました。そして、一番奥の白書院は将軍の居間・寝室であったところです。将軍が心身ともに休まるお部屋として作られているため落ち着いた水墨山水画が描かれています。説明の後に二の丸御殿を自由に見学していただきました。
見学から帰ってこられた父兄様から、あらかじめ歴史背景や部屋の特徴を聞いたので、お部屋の一つ一つが説明のとおり見ることができ、単純に襖絵など見てしまいがちな絵画鑑賞も一味違った鑑賞ができたとお声をいただきました。ガイド名利に尽きる一瞬です。
二の丸御殿・唐門



【二条城・二の丸庭園】
二の丸御殿から外に出て二の丸庭園へ。書院造庭園・神仙蓬莱の世界を表した庭園も徳川将軍の権威を表しています。庭園にはある子孫繁栄を願って亀島と鶴島が作られています。亀島には岩の上に松の木を植えて甲羅が表現されているなど全体で庭園を見た後は一つ一つ見ていくのも楽しいです。

二の丸庭園へ


庭園全景


【二条城・本丸御殿】
二の丸庭園から順路どおり本丸御殿へと歩きました。本丸御殿は徳川第三代家光の創建で、当時の本丸には五階建ての天守閣がありましたが1750年の落雷のために焼失しました。世の中が安定した時代でもあったので天守閣はその後再建されず、1788年には天明の大火で殿舎をも焼失してしまいました。現在ある本丸御殿は明治に京都御苑今出川御門内にあった旧桂宮邸の宮家から譲り受け移築されたものです。本丸楼門から入り天守閣跡まで行く道の左右の石垣を見ると、ところどころに天明の大火で焼けて黒くなった部分が見受けられ当時の大火の規模を想像することができます。
本丸御殿入口


大火で黒くなった石垣



【二条城・梅林】
本丸御殿の内堀から出ると梅林があるエリアに出ました。白、ピンク色の梅の花が7分咲きで梅の香りをほのかに甘く漂わせた梅園の道をそぞろ歩き。父兄の皆様は梅の景色を思い思いに写真におさめられ春の訪れを楽しんでおられました。

梅林香るなか梅の花を楽しむ


咲きはじめの可憐な白梅


梅林のほかに清流園と内堀の間にある桜の木々があります。ここは今年のJR東海 “そうだ京都行こう2017”の桜風景のポスターになっている場所だそうです。先日添乗の谷口が東京に行きJR東海のポスター撮りをしてまいりました!ポスターのように桜の花が咲いていないのでピンとこないですが、内堀から見える城の石垣をバックに満開の桜が咲き誇るポスターの景色を検証しに再度二条城へ上洛してくださるとまた楽しみが増えると思います。
まだつぼみの桜


JRそうだ京都行こうのポスター(二条城の桜)



【神泉苑】
二条城を堪能した後は平安京ゆかりの神泉苑へ。神泉苑は平安京造営時に設けられた宮中付属の禁苑でした。禁苑は天皇や公家など位の高い人しか利用できず、当時は大きな池も有していたので舟遊びで楽しんだり、雨乞いなどの儀式などが執り行われました。この池は天皇が利用された池であったことから人々は「御池/おんいけ」と呼び、そのうち神泉苑に面する東西の通りは御池通と呼ばれるようになったのだそうです。
神泉苑


大きな池を有していた神泉苑だけあって水にまつわるいくつかのエピソードがあります。平安時代、神泉苑では日照りが続いた日は呪術でもって雨乞いの祈祷をしていました。ある日照りの日に99人の僧の呪術でも雨が降らない中、100人目の弘法大師空海が祈祷をすれば龍神を呼びよせ雨を降らせたという伝説があます。また、平安末期に白拍子を100人呼んで雨乞いの舞を舞ったところ最後の一人の白拍子・静御前が舞うと三日三晩雨が降ったということで、この功績が認められた静御前は後白河天皇から日本一の白拍子の称号を与えられたとか。そして、静御前はこの神泉苑で源義経と出会ったというロマンスも残る神泉苑です。このほか神苑にはたくさんの祠があり特に注目したいのが恵方社です。神泉苑の恵方社は毎年その年の良い方角(節分などでよく知られる方角)に正面を移動させ向きを変えることで有名です。今年の祠の正面は北北西に向いています。父兄の皆さんは方角を確認されていました。
神泉苑の御池


父兄の皆様はこの神泉苑の中にある“神泉苑平八”で京料理を堪能。お料理はこのツアーの醍醐味の一つでもあり、神泉苑平八さんの伝統ある料理を楽しみながら久しぶりに会われるお仲間の父兄様と歓談のひと時を過ごしておられました。お料理は八寸からはじまりメインへとすすみ最後は冷たいおぜんざいで心和んでいただきました。
神泉苑平八


お料理八寸


お料理お造り


お料理鴨鍋



父兄様お食事団欒


【三条通】
父兄様ご一行は次の訪問地武信稲荷神社へ。道中、東西に走る三条商店街(三条通)に入り京都の商店街の雰囲気を味わっていただきました。この三条商店街はアテネ五輪で金メダルを獲得したマラソンランナーの野口みずきさんが、雨の日の練習場として走られた商店街として有名です。後に金メダルロードと名づけられました。
金メダルロード 三条商店街


【武信神社】
三条商店街から南へ入り一路、武信神社へ。平安時代武信神社一帯のエリアは藤原氏ゆかりの土地で藤原良相が藤原氏一族をとりまとめていました。藤原良相が藤原氏一族の健康長寿を願って作った観学院(医療施設)の鎮守社として、稲荷の神を招いて作られたのが武信神社です。
武信神社



武信神社には坂本龍馬と妻のおりょうの逸話が残っています。江戸時代、この神社の近くに幕末の勤王の志士たちがこの牢獄に収容された六角獄舎があり、おりょうの父も勤王家の医師であったことから六角獄舎に収容され、父の身を案じたおりょうと龍馬がこの近くをたびたび訪れたということです。龍馬も狙われる身分。獄舎の間近まで行けないため武信神社の御神木である榎の上から様子を伺い、御神木の幹に「龍」の字を彫るなどしておりょうにメッセージを伝えたのだそうです。こちらでもロマンスの物語が残る神社ですね。この神社では、龍馬、おりょうの逸話にちなんでメッセージが残せるようです。幕末ファンの方は必見の場所です。

坂本龍馬とおりょう



【六角獄舎】
六角獄舎の近くには近代科学の礎になった山脇東洋の石碑があります。「日本近代学発祥の地」として知られ、解剖学などを進められたようです。この地は武信神社の観学院(医療施設)などにみられるように医療にまつわるエリアなのだなと感じました。
六角獄舎


【壬生寺】
六角獄舎を後にして、一行は最後の訪問地“京の冬の旅”特別公開の一つ「壬生寺・本堂、狂言堂」へ。壬生寺は無言劇の「壬生大念佛狂言」で有名です。今回は特別公開で狂言堂が見学できました。壬生狂言は地元の方たちで演じられ、人から人への伝承で伝統文化が守られています。能舞台にはないアクロバット的な“飛び込み”“獣台”と呼ばれる演技があって面白うそうですね。本堂では奈良・唐招提寺に伝わる国宝鑑真和上坐像の「お身代わり像」が初公開されています。また、新選組ゆかりのお寺でもあり、こちらでは思い思いに見学をしていただきました。

壬生寺本堂



壬生寺にて


今回の同志社大学経済学部父母会様のツアーは大政奉還150年にあたる幕末の二条城と平安時代の宮中庭園の歴史めぐりでした。歴史が交錯するまち京都。1200年という長いあいだ都であったからこその証であり、守り語り継がれてきた史跡や神社仏閣と季節の行楽めぐりはまだまだ豊富にあります。京都を精通した“らくたび”がご案内する同志社大学経済学部父母会ツアーをこれからもご期待ください。

梅かおる春のツアー





らくたび 谷口
  

Posted by らくたびスタッフ    at 23:48Comments(0)らくたびレポーター谷口

2017年03月15日

≪ 4月開催のイベントのご案内 ≫

みなさま、こんにちは。
いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

ICON144 春の京都を満喫する、4月開催の散策のご案内です ICON144

4月1日(土) 京阪トークサロン
今すぐ見に行きたい桜から遅咲きの桜まで

4月1日(土) 京阪ウォーク
あでやかな祇園の桜に誘われて 白川を辿って粟田神社まで散歩♪

4月2日(日) 京都さんぽ
待ちに待った桜の季節が到来!
西陣の路地裏などを巡り 隠れた名桜を鑑賞しましょう


4月3日(月) 京都さんぽ
天下人・豊臣秀吉の足跡が残る東山七条エリア
栄華を極めた天下人の夢の跡へ 日本一の大仏に込めた想いとは?


4月8日(土) 京都さんぽ
京都十二薬師霊場・お薬師さんぽ 第4回 桜花に包まれる東山薬師へ

4月9日(日) 京都さんぽ
御室散策から伝説の「鳴滝」探し 周山街道を椿の名所平岡八幡宮へ

4月10日(月) 京都さんぽ ★20名様限定
壮観!春色に染まる毘沙門堂と 山科の隠れた料理処で会席ランチ

4月17日(月) 京都さんぽ
歴代天皇の陵墓&社寺シリーズ③ 宇多天皇ゆかりの仁和寺・御室桜

4月24日(月) 京都さんぽ
新緑映える竹の寺「地蔵院」から 山吹が美しく咲き誇る松尾大社へ

詳細は後日ホームページ、らくたび通信でお知らせします。
皆さまのお越しを、お待ちしておりますICON144
  

Posted by らくたびスタッフ    at 12:00Comments(0)散策・講座のご案内らくたび会員さまへのお知らせ

2017年03月15日

3月5日京都さんぽ 散策レポート♪

3月5日 京都さんぽ《特別公開「杉本家のお雛飾り」と旧五条大路から路地裏さんぽ》 散策レポート♪



先日の京都さんぽでは現在は松原通となっている旧五条大路周辺の神社や、杉本家住宅で開催されていた「桃の節句」のお雛飾り特別公開を見学して参りました♪


地下鉄の五条駅から出発し、万寿寺通を歩きながら道の松原道祖神に向かいます。
向かう途中、万寿寺通と烏丸通の交差点の北西側のビルに京都市電の車両が保存されており、見ることができました。

~京都市電 車両~



そこから歩いて5分ほど進むと、松原道祖神に到着。
場所は松原通から新町通下ルと西側に建っております。
猿田彦命、天鈿女命のご夫婦の神様ををお祀りする神社で、道の神・塞の神として信仰されています。

~松原道祖神~



松原通を西に歩き、五條天神宮へ向かいます。
平安京遷都にあたって、弘法大師空海が大和国から天神様を勧請したことに始まる神社であり、京都の人々からは「天使社」とも呼ばれておりました。
松原通は旧五条大路であるので、牛若丸(源義経)と武蔵坊弁慶の出会いの伝説も伝わっております。

~五條天神宮~



五條天神宮の西側には「天使突抜通」と呼ばれている通りがございます。
五條天神宮の境内は昔かなり広い敷地だったのですが、その神社の境内を貫通して道を開いたことからそう呼ばれるようになったと伝わっています。

~天使突抜通~



天使突抜通を北に進み、そこから西洞院通へ行き通り側から管大臣神社の境内へ。
神社の前に到着すると、咲き誇る白やピンクの梅の花や、梅の花の甘くてとても良い香りが出迎えてくれました。
こちらは菅原道真公の邸宅跡と伝わる場所に建つ神社で、道真公が太宰府に左遷されたとき、邸宅の梅の木に別れを惜しんで和歌を詠み、その後その梅が太宰府の道真公のもとに飛んできたという「飛梅伝説」の伝わる神社でもあります。


~管大臣神社~





その後、細い道の奥にある紅梅殿という菅原道真公の父を祀るお社の前を通り、公園を抜けて杉本家住宅に向かいます。
途中、公園の生け垣に沈丁花の花が咲いておりとても良い香りがしておりました。
杉本家住宅では3月19日(日)まで「雛飾り展」を開催されております。
町家の中もスタッフの方の説明やビデオが流れており、装飾品やお部屋のことなど詳しくご案内下さりました。
お雛様も一般で見るような雛飾りだけではなく、男雛女雛が並んで座っており全体の装飾が素敵なものや、珍しい犬を連れた女官さんなどの人形があり、とても素晴らしかったです!

~杉本家住宅 外観~



見学の後は、杉本家住宅の横にある細い道・膏薬図子を歩き、道の途中の平将門を祀る神田大明神にも立ち寄ります。
もともと空也上人が平将門を供養するために道場を開いた場所で、「空也供養」が訛りいつしか「膏薬(こうやく)」と呼ばれるようになったそうです。
細い道の途中にはアクセサリーや小物、着物の生地などを取り扱うお店も並んでいます。

~膏薬図子~


~神田大明神~




その後は大通りの四条通を少し散策し、四条烏丸での解散となりました!
今回の散策では史跡巡り以外に道のあちらこちらに花が咲き誇り、とても良い香りと暖かかな気候で春の訪れを感じることができました!
お花の咲く時期の散策はとても心が躍ります♪face01

今週3月18(土)の土曜日に開催する京阪ウォークでは、「京の冬の旅」で特別公開中の金戒光明寺と、涅槃図を公開している真如堂を拝観致します!
詳しくはこちらから。

京の冬の旅の特別公開も涅槃図も今の時期だけです!
皆様のご参加をお待ちしております!face02

らくたび 渡部



  

Posted by らくたびスタッフ    at 10:00Comments(0)渡部

2017年03月15日

3月25日 ゆるり茶会のお知らせ

3月25日(土)

- 京町家で行う四季ゆるり茶会 ≪ 弥生 ≫ -

≪ 桃の節句ゆるり茶会 ≫   
    - 雅な遊びに興じて一服 -




桜の開花に心が浮き立つ3月のお茶会では、旧暦・桃の節句
ちなんだ点心(軽食)を味わい、京都のひなまつりには欠かせない
伝統菓子・引千切(ひちぎり)とともに一服をお楽しみいただきます。
さらに、貝の絵柄をそろえる貝合わせや、的に向けて扇を投げて
得点を競う投扇興(とうせんきょう)など、雅な昔遊びもご用意。
都人に成り代わって春うららかな一日をお過ごしください。

申込期限 : 3月22日(水)
20名様限定

集合 : 12時 らくたび京町家

定員まで残りわずかとなっております。
お申込みはお早めに!


くわしくは こちら へ
  

Posted by らくたびスタッフ    at 09:00Comments(0)散策・講座のご案内らくたび京町家

2017年03月14日

「京の冬の旅」特別公開・西翁院へご一緒しませんか?

吹く風はまだまだ冷たいですが、陽射しは明るく、川面に躍る陽の光が春の到来を告げに来ているかのようです。
お変わりなくお過ごしですか?

毎月2回、<京阪ウォーク>と題した京都さんぽを行っていますが、今月18日(土)は「京の冬の旅」にて特別公開中の西翁院(さいおういん)を拝観します。金戒光明寺の塔頭寺院のひとつです。

思わずため息…金戒光明寺の三門。もう少ししたらこちらも桜で彩られますね。



西翁院への道すがら、ふと南側を見ると山頂には青龍殿が!



西翁院の門から写しています。写真が撮れるのはここまでです。



茶室「淀看席(よどみせき)」は重要文化財。にじり口から拝見してくださいね。お寺の西縁側からは市内が一望できます!すごく気持ちのいい景色です。
ほかには熊野神社や真如堂へも参りますよ。

当日の担当は山下輝雄。穏やかな語り口でわかりやすく京都をご案内いたします。冬の終わりのさんぽを是非ご一緒いたしましょう。ご参加をお待ちしております♪
詳細はこちらです↓
http://www.rakutabi.com/sanpo_sp1.html#s20170318

おまけ。はらりはらりと梅の花びらが散る様もすてきです~。(於:金戒光明寺)



らくたび
田中昭美
  

Posted by らくたびスタッフ    at 15:17Comments(0)

2017年03月12日

梅の花咲く「 二条城 」と「 京都御苑 」へ

本日の京都さんぽは「大政奉還の歴史舞台 二条城と梅香る京都御苑」へ。ぽかぽか陽気に包まれる絶好の散策日よりのなか、町あるきをお楽しみいただきました。梅の花も満開。


趣きある石造りのアーチ橋「中立売橋」が大人気でした。






ご参加ありがとうございました。


今後の京都さんぽは…
3月14日(火)
大伽藍が並び建つ東福寺と泉涌寺日本最大級の「涅槃図」めぐりへ

http://www.rakutabi.com/sanpo_sp1.html#s20170314

3月18日(土)
淀を望んだ閑雅な茶室・淀看席と豪商・三井家寄進の涅槃図参拝へ

http://www.rakutabi.com/sanpo_sp1.html#s20170318

皆さまに春の京都でお会いできることを楽しみにしています。

らくたび 森  

Posted by らくたびスタッフ    at 20:24Comments(0)散策・講座のご案内

2017年03月12日

3月19日 京都さんぽのお知らせ

3月19日(日)

歴代天皇の陵墓&社寺シリーズ②
白河天皇が営んだ華麗な鳥羽離宮




集合場所 : 13時 地下鉄・竹田駅 南改札前
                 (※北改札ではありません)
ご案内 : 講師・若村 亮

くわしくは こちら へ
  

Posted by らくたびスタッフ    at 09:00Comments(0)散策・講座のご案内

2017年03月09日

3月 お薬師さんぽに行ってきました

3月8日(水)< 京都十二薬師霊場・お薬師さんぽ 第3回 出水通七不思議と北野天満宮 >に行ってきました。


毎月8日・薬師如来の縁日に京都十二薬師霊場を巡拝しようという企画。周辺の社寺史跡や季節の花めぐりも楽しみのひとつです。第3回は耳の仏様として信仰される地福寺と、天皇の病を治し勅願寺となった福勝寺を参拝しました。

出水通では七不思議をめぐり歩きましたが、これがなかなかおもしろい!一番好評だったのは「寝釈迦」かな。ゴールの北野天満宮では満開に咲き誇る梅の花が私たちを向かえてくれました!さんぽレポートは後日お届けします。

次回は…
4月8日(土)13時~16時 < 京都十二薬師霊場・お薬師さんぽ > 桜が彩る東山エリアを歩きます。詳細は後日「らくたび通信」「らくたびホームページ」でお知らせします。一緒に「お薬師さんぽ」に出かけましょう!

らくたび 森  

Posted by らくたびスタッフ    at 18:05Comments(0)

2017年03月08日

「らくたび京町家」のお座敷イス

「らくたび京町家」で毎月開催している四季・ゆるり茶会では、「足が悪く正座ができないのですが…」と心配される方のために、お座敷用のイスを3席ご用意しています。ご利用ご希望の場合は遠慮なくお伝えくださいね。



3月のお茶会では、お茶席とともに扇を投げて的を落とす遊び「投扇興(とうせんきょう)」をお楽しみいただきます。「らくたび名物」ともなっているこの遊び、とても盛り上がります。どうぞお楽しみに!

四季・ゆるり茶会
http://www.rakutabi.com/yururi_chakai.html

らくたび 森  

Posted by らくたびスタッフ    at 22:54Comments(0)

2017年03月08日

3月20日 町家イベントのお知らせ

3/20(月・祝)

- 京町家で感じる京の四季 ≪ 弥生 ≫ -

昨年大好評の回転寿司が
ふたたび京町家の座敷に登場!
新鮮な魚貝をにぎった絶品寿司が
座敷でクルクルまわる♪




前回(2016年2月)に開催しました「 京町家で回転寿司 」が大好評で、
ぜひ次回(2017年)も開催しましょう!と多くの声をいただきまして、
らくたび京町家大座敷にふたたび “ 出張!回転寿司 ” が登場
します。プロの寿司職人さん新鮮な魚貝類をにぎった絶品の寿司
回転寿司レーンをグルグルと回ります♪
寒い冬に、暖かい京町家の座敷で美味しい寿司をお楽しみください。

申し込み期限 : 3月15日(水)
1回目 : 11時 ~ / 2回目 : 13時 ~ 各回15名様限定
会場 : らくたび京町家

※各回定員まで残りわずかとなっておりますので、お申込みはお早めに~!

くわしくは こちら へ
  

Posted by らくたびスタッフ    at 09:00Comments(0)散策・講座のご案内らくたび京町家

2017年03月07日

お抹茶リティー ご報告とお礼 

≪ お抹茶リティー ご報告とお礼 ≫

2月19日(日)に開催した「 東日本大震災・熊本地震復興支援特別企画 」
≪ お抹茶リティー ≫ では多数のご来場・ご寄付をいただき、ありがとう
ございました。

皆さまからお預かりした寄付金は「 総額 70,360円 」となりました。
これに弊社からの寄付金を加え「 80,000円 」を日本赤十字社を
通じて寄付させていただきました。

多くのご支援、またボランティアさんのご協力、ありがとうございます。

「 らくたび 」では、震災からの一日も早い復興を願うとともに、
今後も支援活動を続けて参りたいと思います。










らくたびスタッフ一同  

Posted by らくたびスタッフ    at 09:00Comments(0)散策・講座のご案内らくたび会員さまへのお知らせ