京つう

  らくたび  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2011年06月28日

京都迎賓館一般参観申込み始まる!

「きょうと市民しんぶん」の7月号がオフィスに届きました。

なにか、いい情報、お得な情報載ってるかなぁ~ICON36

おっっ、発見~ICON35

【京都迎賓館の一般参観申し込み】が始まりました。

内容をダイジェスト版でご紹介しますと…
【参観期間】
平成23年9月14日(水)~9月23日(金)までの10日間
※土日祝日も含まれます。
【申込み方法】
郵便往復はがきにて
【定員】
1日あたり1200名 (合計12,000名)
【申込み受付期間】
7月13日(水)当日消印有効

京都迎賓館の一般参観は毎年かなりの高倍率抽選になっている
ようですが、運試しも兼ねて(?)申込みしてみますicon21icon10

申込みについてくわしくは こちら をご覧くださいませ。

                                    らくたび 森 icon01  

Posted by らくたびスタッフ    at 13:43Comments(2)

2011年06月25日

京都ツウ・ウォーク行ってきました

昨年の8月から京阪電車さんとのコラボ企画で行っている
【京都ツウ・ウォーク】が本日開催されました。

第4回目の今回は、「梅雨に映える日本庭園」をテーマに
京阪神宮丸太町~平安神宮~南禅寺~南禅院~金地院~無鄰庵を
散策してきました。

午前と午後の2回に分けて各30名、計60名様をご案内。
参加者の皆さんと一緒に、美しいお庭めぐりを楽しんできました。

なんと、今回から【京都ツウ・ウォーク専用旗】まで登場ICON59
おぉぉ~、これは暑さなんかに負けてられませんね(笑)


次回は10月に開催予定とのこと。
9月頃に京阪電車さんのフリー情報誌『K-PRESS』、または、
京阪電車さんのホームページにて募集要項が発表されるそうです。
京阪電車ご愛乗の方はもちろん、京阪沿線にお住まいでない方も参加OK!

また日程が決まりましたら、お知らせ致します。
ぜひともお申し込みくださいね~!

ご参加の皆さま、ありがとうございました~face02

                                   らくたび 森 ICON118
  

Posted by らくたびスタッフ    at 20:00Comments(0)

2011年06月22日

名庭園を前にすると・・・

平安神宮と南禅寺のちょうど中間にある 【無鄰菴(むりんあん)】 は
明治27(1894)年に政治家・山県有朋(やまがたありとも)が造営した
別荘です。

その庭園は有朋自らがプロデューサーとなって設計・監督を行い、
造園家・小川治兵衛(7代目)により作庭されました。
背後にある東山を庭の景色として取り込み、琵琶湖疏水の豊富な水を
引き入れて、滝、川、芝生を配する、まさに「山紫水明」を庭に表現した
ものです。

ここでポイントICON31となるのが・・・
「池」ではなく「川」を、「苔」ではなく「芝生」を使っているところ。
京都古来の庭には見られなかった新しい手法を用いることで、
和の情緒を残しながらも、明治という新しい時代の華やかを今に伝えています。

母屋に座ってみると、サラサラという水の流れや、鳥のさえずり、木々の
ざわめきが聞こえ、なんだか隠れ家のよう。

「あぁぁぁ~、こんなところでお昼寝してみたい~ICON67
国の名勝にも指定される名庭園を前に、ついついそんなことを感じて
しまいました・・・icon10

                                       らくたび 森  

Posted by らくたびスタッフ    at 21:00Comments(4)

2011年06月18日

ハートの紫陽花を探せ!!

本日、バスツアーのご案内で行ってきた【宇治・三室戸寺】
紫陽花の花が見頃を迎えていました。


アップにすると・・・

青、白、紫・・・と、色とりどり。

1つの花でもグラデーションで色が違います!

額紫陽花(ガクアジサイ)もかわいいですね。

私は6月生まれなので、紫陽花は大好きな花です。

そして、最近、三室戸寺で話題になっている「ハートicon06の紫陽花」を
お客様と一緒に探してみました。
(ハートicon06の紫陽花については こちら をご覧ください)

でも、なかなか見つからない・・・face07

「あっ、これかな?ハートicon06っぽくないですか?」と一緒に
探していたお客様に聞いてみたら・・・

「森さ~ん、これじゃハートが割れてるicon07よ(笑)」と一言。
そういえば、確かに・・・割れてる?!icon10
一同、大爆笑face02 とても楽しい散策となりました。

ちなみに、ハートicon06紫陽花はこんな感じです。

 (撮影:らくたびガイド 富田啓子)

らくたびでは、現在、三室戸寺と平等院をめぐる散策を実施中。
6月25日(土)がいよいよ最終日となります。
ぜひ一緒にきれいな紫陽花を見に行きましょう!
くわしくは こちら をご覧くださいませ。
皆さまのご参加お待ちしております!

                                            らくたび 森 ICON60  

Posted by らくたびスタッフ    at 21:00Comments(2)

2011年06月16日

らくたびガイドと歩く京都 ~宇治 三室戸寺&平等院~

らくたび主催のガイド養成講座を受講した「らくたびガイド」が
月替わりでとっておきの京都をご案内する 【らくたびガイドと歩く京都めぐり】 

6月は宇治の三室戸寺と平等院を訪れます。

「三室戸寺」では目にも眩しい新緑の緑や、6月上旬から順に花を咲かせる
紫陽花の可憐な花々を愛で、珍しい「ハート型icon06」の紫陽花を探してみましょう!
(ハート型icon06の紫陽花については こちら をご覧ください)
また、世界文化遺産にも登録される「宇治上神社」「平等院」も訪れます。
散策の後には、宇治川の流れを見ながら、抹茶スウィーツで一服するのも
オススメです。

お一人参加や当日のお申し込みも大歓迎!

くわしくは こちら をご覧ください!

7月~9月の散策はらくたびオフィスのある四条京町家から出発する
【祇園祭を受継ぐ山鉾町めぐりと織田信長最期の地・旧本能寺へ】 
  くわしくは → こちら
【親鸞聖人750回大遠忌ににぎわう真宗二大本山 東本願寺と西本願寺】 
  くわしくは → こちら

を開催します。どうぞお楽しみに~face02
                                       らくたび 森  

Posted by らくたびスタッフ    at 12:00Comments(0)

2011年06月13日

大船鉾のちまき授与ボランティア大募集!!

毎年、参加者の皆さまからご好評をいただいております、
≪大船鉾のちまき授与ボランティア≫
を今年も募集致します。

大船鉾は、500年ほど前の応永29年(1422年)に建立された歴史ある鉾です。
応仁の乱、江戸時代の大火等で被害を受けましたが、その都度、町内の人々の
手によって復活し、“凱旋の船鉾”として長く巡行の最後を飾ってきました。
しかし … 幕末元治元年(1864年)、蛤御門の変において、鉾の重要な
部分である船形の木組や車輪などを焼失。以来、巡行には参加しない“休み山”と
なっておられます。

そんななか「大船鉾の伝統を守りたい!!」という有志の方々の声が集まり、
平成9年、およそ130年ぶりにお囃子が復活!あわせて厄除け粽(ちまき)の授与、
御神体・懸装品などのお飾りも披露されています。

そして……
ついにこの大船鉾が復活への歩みを本格的にスタートし、
先日の京都新聞では「2014年 巡行の復活を目指す」と報じられていました。
(くわしくは こちら へ)

「ボランティアを通して、大船鉾の新しい船出を応援したい!」
という方、ぜひとも、ご参加くださいませ!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
             ≪ 募 集 要 項 ≫
 ICON129 期 間:2011年7月13日(水)~17日(日)
 
 ICON129 時 間:下記の時間帯のなかの半日単位 
  13日(水) 13時~21時 (13時~17時 または 17時~21時)
  14日(木) 10時~21時 (10時~16時 または 16時~21時)
  15日(金) 10時~21時 (10時~16時 または 16時~21時)
  16日(土) 10時~22時 (10時~16時 または 16時~22時)
  17日(日) 10時~14時 (10時~14時)
 
※お弁当の支給あり(4時間以上に限ります)
※交通費等の支給はありません

 ICON129 場 所:下京区新町通四条下ル四条町(京都友禅会館・木村商店)

 ICON129 業 務:ちまきの授与、大船鉾の説明、寄付金の受付 等

 ICON129 申し込み資格:下記4項目をすべて満たす方   
   1)らくたび会員様 (らくたび会員の詳細は こちら へ)
   2)祇園祭の趣旨を御理解いただけるボランティアの方
   3)18歳以上の男女
   4)事前オリエンテーションに参加できる方

 ICON129 事前オリエンテーション:
  7/3(日) 16時~17時
  池坊短期大学 美心館 地下1階 アッセンブリーホール 
  (池坊短期大学の地図 こちら へ)

 ICON129  募集人数:7名くらい
※各日、各時間帯ともに定員2名。お申し込み順で日程調整を致します。
ご希望に添えない場合はご容赦下さいませ。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    
 参加のお申し込み・ご質問は電話:075-257-7320(らくたびオフィス)または
 メール:kyoto@rakutabi.com までご連絡ください。
 追って【大船鉾ボランティア申込書】を送信させていただきます。

申し込み締め切りは 6月24日(金) 
ただし、定員になり次第、締め切りをさせていただきます。 
お申し込みはお早めに~!


                                        らくたび 森  

Posted by らくたびスタッフ    at 12:00Comments(0)

2011年06月06日

夏の京都さんぽ速報!

2011年7月~9月の≪らくたび京都さんぽ速報≫のなかに
日程変更がありましたので、お知らせ致します。
尚、各企画の詳細につきましては、6月中旬発送の「らくたび通信」及び
ホームページ上にて公開致します。

7/10(日) 『親鸞の歩き方』出版記念スペシャル③       
        法然&親鸞 念仏が響く吉水草庵
        本願寺発祥「東山」ゆかりの地を巡る
        (講師:若村)

7/12(火) 祇園祭の熱気ジリジリ!
        鉾の曳き初めと山鉾町上ル下ル 
        (講師:森)

7/23(土) 冷たい池に足を浸して暑気払い!
        下鴨神社・御手洗祭と非公開・鴨脚家の庭園拝観
        (講師:山村)

7/25(月) かぼちゃを食べて無病息災を願う
        安楽寺かぼちゃ供養&夏の旅・特別公開「大寧軒」
        (講師:森)

8/14(日) 京の夜観光の楽しみ方をご紹介♪
        夜空に浮かびあがる幻想的な世界 
        清水寺夜間拝観&東大谷万灯会
        (講師:若村)

8/21(日) 戦国のスペシャリスト・山村がご案内する
        お江の育った長浜と神の住む島・竹生島を訪ねて
        (講師:山村)

8/ 27(土) 2011年の夏を締めくくる!!
        織田信長も驚く夏さんぽ!
        船岡温泉から上七軒ビアガーデンへ♪
        (講師:若村)
        ※日程変更を致しました。


9/11(日) 大好評にお応えして、江戸たび第2弾!
        森鴎外ゆかりの宿にてランチ♪&上野さんぽ 
        (講師:若村)      

9/15(木) 学生の町・京都を歩く
        京都大学さんぽと夏の旅・特別公開「駒井家住宅」
        (講師:森)

9/17(土) 文化の秋を満喫!
        建築・仏像・絵画…京都が誇る国宝探訪
        (講師:若村)

9/23(祝) 京都さんぽにご参加の皆さまだけに特別公開!
        お江の長女・千姫の金の神輿特別拝観と
        伏見桃山御陵を訪ねて
        (講師:山村)

※現時点の予定であり、内容は変更となる場合がございます。

暑い夏を楽しんでいただける企画をご用意しております。
皆さまのご参加をお待ちしておりま~すface02
   
                                       らくたび 森 
   

Posted by らくたびスタッフ    at 09:00Comments(0)

2011年06月05日

東福寺の方丈庭園

東福寺の方丈庭園に行って来ました。
東福寺は鎌倉時代の中期、九条道家が九条家の菩提寺として建立。
奈良の東大寺の「東」と、興福寺の「福」の字を一字ずつ取って
「東福寺」と命名されました。

秋は京都随一の紅葉の名所ICON122となるお寺です。

方丈の四方には、昭和14年に重森三玲氏によって作庭された
「モダンアートな庭」が広がっています。

【北庭】

苔と石が市松模様を描く庭。
この時期は一年でもっとも苔が鮮やかicon12です!
先日から続いた雨に洗われた苔が青々としていました。
サツキの花が緑の庭に彩りを添えています。

【東庭】

石柱を北斗七星に見立てた斬新なデザインの庭。
この石柱は東司(禅宗の「お手洗い」のこと)に使われていた柱石で、
「どんなものでも無駄にしない」禅の教えが生かされています。

北斗七星には小さな穴が開いており、そこを目がけてコインが投げられて
おり、星の周辺でキラキラICON120と輝いていました。

「私も挑戦icon10と張り切ってやってみましたが、自分でもビックリface08するくらい・・・
はずれましたface07icon15 (昔からどうも距離感覚が悪いみたい・・・)

秋には大勢の観光客で賑わう東福寺ですが、この時期は人も少なく
ゆっくりとお庭を楽しむことができます。
「夏にこそ足を運びたい」お庭のひとつです。
 
                                       らくたび 森   

Posted by らくたびスタッフ    at 20:00Comments(0)