京つう

  らくたび  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2008年11月29日

修学院離宮と仙洞御所の紅葉

初めて修学院離宮(午前中)と仙洞御所(午後)に行ってきました。以前「らくたび」さんの講座で3ヶ月前の月の1日から申し込めますという話を聞いていましたので、今年の8月1日に本日(11月29日)の分を葉書で申し込み、幸運にも抽選に当りました。
どちらも詳しい方が丁寧に説明して下さいました。修学院離宮は1時間30分、仙洞御所は1時間の案内でした。午前中は好天に恵まれ、修学院離宮はまるで絵葉書の様な美しさでした。





午後からの仙洞御所は、途中で雨が降り出しましたが、終り頃には又綺麗に晴れて、素晴らしい色彩の紅葉が楽しめました。
クラクラする様な、鮮やかな橙色が印象的でした。





又、京都御苑の紅葉もいい感じです。


ここ数年、紅葉の色がもう一つという状況でしたが、今年は色がいい様に思いますが。12月に入ってからの「糺の森」の紅葉も、ぜひ見たいと思ってます。
らくたびレポーター坂田
  

Posted by らくたびスタッフ    at 23:55らくたびレポーター

2008年11月28日

2008年 『 年忘れの宴 』 のお誘い

今年もらくたび主催の忘年会をおこないます!

京都好きな方ならどなたでも大歓迎☆ 
年忘れの宴、楽しみましょう!


◆ 日時 : 12月21日 ( 日 )
◆ 開始 : 17:30~
◆ 会場 : 麩屋町 左近太郎 (地図はこちら
◆ 会費: 5400円(飲み放題付)
 ※会費は当日会場でお支払いいただきます。

申込みは 11日( 木 ) までにメールもしくはお電話にて
e-mail :tour@rakutabi.com
tel:075-352-0163(受付時間:平日9:30~18:30まで)   

Posted by らくたびスタッフ    at 13:00鈴木

2008年11月27日

師走の風物詩 南座の「 まねき 」

京都の冬の風物詩である 「 吉例 顔見世興行 」 が催されるにあたり、 南座に歌舞伎役者の名札 「 まねき 」 が掲げられています。



「 まねき 」 が掲げられると、師走やなあ〜、と、京都人は季節を感じるんです。
そして、なんだか急に忙しなくなってきます。

この「 まねき 」 は「 勘亭流 」とういう縁起の良い書体で書かれています。



「 勘亭流 」は隙間のない太い文字で顔見世興行の満員大入りを願って、文字の"はね"を全て内向きにはねて、お客様が会場に入っていただけますようにと、いうことを願って書かれている文字だそうです。

つい先日、若村先生に教えていただきましたICON65

この写真は、らくたび会員の村上博章さんの撮影です。

らくたびレポーター奥村
  

Posted by らくたびスタッフ    at 00:11らくたびレポーター

2008年11月24日

京都散策 ~清水寺~

11月23日京都さんぽ終了後に清水寺のライトアップへ行ってきました。



三連休のせいもあり、三寧坂から清水坂は人で溢れかえっていました。
完全にあまかったです。
身動きがとれないぐらいの人!人!!人!!!
清水坂をあきらめ、ちゃわん坂からならと思い回ってみると
こちらも凄い人・・・

しかし、なんとか拝観券を購入し境内へ。
清水の舞台、さらには奥の院では写真撮影をする人で交通渋滞が起きるほど。
撮影は諦め、ライトアップと夜景を楽しんできました。



確かに人は多かったですが、成就院の【月の庭】もライトアップをしています。
普段は非公開ですので一見の価値はあると思います。
ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

お越しになる時は暖かい格好で来て下さいね。

らくたびレポーター もりた


  

Posted by らくたびスタッフ    at 14:33らくたびレポーター

2008年11月24日

聖徳太子さまゆかりの地




 11月22日に広隆寺の「聖徳太子御火焚祭」に行ってきました。聖徳太子の忌日に行われる祭のと事で、「南無聖徳太子」とお経で読み上げられるお言葉に、「秦公寺」「太秦寺」と呼ばれた聖徳太子建立の日本七大寺のひとつであることを実感できました。
 山伏の方々による刀舞いや空に向けて弓を射る奉納に続き、いよいよ、大きく積み上げられた檜葉に神棚からの火が移され、白い煙がもうもうと立ち上がりした。あまりの勢いに風下にいた私達は、後ろにたじろいだり手で顔を覆ったりしましたが、後で教えていただいたお話によると、お火焚きの煙にあたるということは、災いから守られるという事なので、大切なことだとの事でした。



煙がひと段落すると、たくさんの護摩木が焚かれ、更に大きな炎が燃え上がるのでした。



 そしてお火焚祭の後、御本尊の秘仏聖徳太子像が安置されている本堂と、秘仏薬師如来像のある霊宝殿を拝観させていただきました。もちろん弥勒さまを拝みジ~ンときました・・・。
 らくたびレポーター 松山


  

Posted by らくたびスタッフ    at 11:52らくたびレポーター

2008年11月22日

桂昌院 〜善峯寺〜

我が家から西山に向かってひたすら歩くこと1時間、、、善峯寺にたどり着きます。

善峯寺の歴史は非常に古く始まりは平安中期にさかのぼります。しかし応仁の乱で伽藍を燃失し、長い間衰退していたのですが、江戸時代に桂昌院により再建されました。


「桂昌院」の名前が出ると、「お玉さんのシンデレラストーリー」の話となるのがらくたびのお約束(?)なのですが、それは山村先生、若村先生にお任せしましょう。
(まだご存知ない方はぜひ聞いて下さい)


広い境内では四季折々の花を楽しむことができますが、今の時期はもちろん紅葉。
山肌を彩る紅葉を背景に長さ40メートルの日本一の松「遊龍の松」を見ることができます。

また「けいしょう殿」からは京都の街が眼下に広がり、わざわざ来た甲斐があったと思える瞬間が実感として湧いてくるのです。

こんな思いができるのも、桂昌院さんが復興に力を注いでくれたおかげですね。
ありがとうございます。

お寺の方のお話では、紅葉の見頃は12月初旬までとのこと。ぜひお越し下さいね。

らくたびレポーター 森
  

Posted by らくたびスタッフ    at 18:13らくたびレポーター

2008年11月18日

清涼寺の仁王門 と 大覚寺ライトアップ

気になっていました・・・清涼寺の仁王門。
レポーター鴨田さんが8月にエッセイで書かれてましたが、車をぶつけられて壊れてしまった山門。※鴨田さんのエッセイは→こちらをクリック。

修復が完了して、ピカピカの扉が取り付けてありました!



もちろん以前からの木材とは、ぜーんぜん違いますが、これで横におられる仁王さんも安心されたでしょうね。



そして、暗くなってから大覚寺のライトアップに行ってきました。
今年初めての、紅葉のライトアップ。



モミジの紅葉は、まだ3分ほどなの今週末くらいがベストだと思います!

らくたびレポーター奥村
  

Posted by らくたびスタッフ    at 01:46らくたびレポーター

2008年11月16日

京都散策 ~西国三十三所~

本日も御本尊の御開帳へ出かけました。

東山区の六波羅蜜寺です。
家を出る時は雨が降っていましたが、
六波羅蜜寺へ着く頃にはすっかり止みました。
これも観音様のおかげと感謝しつつ境内へ。

御開帳初日と日曜日が重なったせいもあるでしょう、
境内はすでに大勢の人で混雑しているではありませんか。



写真の観音様は本堂外にいらっしゃいます。

本堂の外陣で僧侶の方の御加持を受けていざ内陣へっ!!
御本尊の十一面観音は凛としたお姿で訪れる我々を見守っていらっしゃいます。

その後、宝物館へも訪れ空也上人像や平清盛像等を見てきました。
空也上人の口から六体の阿弥陀様が現われているお姿には
しばし時間を忘れて見入ってしまいました。

写真撮影は勿論禁止です。
これから市内もどんどん紅葉が進むと思われます。
ぜひ訪れて下さい!!

らくたびレポーター もりた
  

Posted by らくたびスタッフ    at 16:05らくたびレポーター

2008年11月15日

武野紹鴎さんです


茶道の歴史上必ず登場する武野紹鴎さんってどんな顔をしておられたかご存知ですか。(鴎と言う字で代用させていただきます)
千利休さんは、絵などでお目にかかることがあるのですが、武野紹鴎は文字でしか目にしたことがありません。

このお二人のお顔を一度に拝見できる場所があります。
場所は、堺市 仁徳陵古墳の南側、堺市博物館の前でお二人とも座っておられます。












堺市には茶道に関連した史跡が沢山あります。
写真の千利休屋敷跡もその一つで、その昔、利休さんがこの井戸の水でお茶を点てておられたのでしょうね。



らくたびレポーター 鴨田
  

Posted by らくたびスタッフ    at 20:35らくたびレポーター

2008年11月13日

烏丸アナ小路上ルに出演!

本日、KBS京都ラジオ「烏丸アナ小路上ル」
トークホールインワンに出演してきました!
http://www.kbs-kyoto.co.jp/radio/ana/
14時すぎから14時半まで、学生時代の話から
らくたび立ち上げの話、現在の活動やおすすめ
スポットまでをお話しし、DJの竹内弘一さんと
楽しい時間を過ごしました。

ちなみに番組中にリクエストした曲は、
映画「パッチ・アダムス」の主題歌で、
Rod Stewartが歌う 「Face of the heart」でした。
いつも気分が前向きになれる大事な曲です。

さて、お土産にいただいたのが、とらやさんの
ホールインワンという名のついた和菓子。
あけてみるとゴルフボールがこのようにICON59
まさに番組のコーナーにぴったりのお土産を
いただきました。

  

Posted by らくたびスタッフ    at 16:34山村

2008年11月13日

テレビステーション最新号発売

2週間のテレビ番組表が掲載されている
人気の情報誌 「 TV station ( テレビステーション ) 」。

現在、11月15日号が発売中です!



青×赤のインパクトのある配色が目印。


京都の秋といえばやはり紅葉、ということで、
今回は京都屈指の紅葉の名所・東福寺周辺をご紹介しています。




ぜひ、書店・コンビニでご覧くださいませ。


  

Posted by らくたびスタッフ    at 14:39鈴木

2008年11月11日

現在の銀閣の姿

昨日訪れた銀閣寺、修復中とは聞いていたが、
まさかここまで本格的に行なわれていたとは。
屋根の葺き替えと耐震工事とのこと。
(平成20年2月から2年間の予定)



原型を留めてない屋根をみるのも、考えたら
貴重ですね!!  

Posted by らくたびスタッフ    at 18:55山村

2008年11月10日

秋の風景 桂離宮 

紅葉(こうよう )のピークまでは、もうちょっとですが・・・。
そんなことを忘れるほど、桂離宮は素晴らしかったです!


写真ではわかりにくいですが、この苑路は拳大の石がびっしりと敷き詰められています。この苑路は「霞零し(かすみこぼし )」というそうです。



歴史を感じさせる重厚な風景ですね。



桂離宮には3つの茶室があり、こちらは茶室「笑意軒(しょういけん )」です。



そして、「月波楼(つきなみろう )」です。



あと一週間もすれば、真っ赤に染まって最高の景観になります。
その頃にお越しになる方へ・・・楽しみですね!

らくたびレポーター奥村

  

Posted by らくたびスタッフ    at 23:49らくたびレポーター

2008年11月10日

中村軒で栗ぜんざい

桂離宮参観の帰りに、中村軒に来ています。

秋の味覚、ほこほこの栗と、焼きたてのお餅が入った おぜんざい を、頂いてます。

ほっこりしました!

らくたびレポーター奥村
  

Posted by らくたびスタッフ    at 15:45らくたびレポーター

2008年11月09日

京都散策 ~西国三十三所~

この土日で御本尊の御開帳へ行ってきました。

まずは今熊野観音寺。
雨のせいもあり人はまばら・・・・
おかげでゆっくり拝観することができました。
さらに、本堂内部に仏足石が!!
ちょっと驚きでしたね(笑)


続いて六角堂です。
らくたびの京都講座で教えていただいたように内陣へ入りました。
136年振りということもあり、本堂のまわりは既に行列ができていました。
本当に小さな御本尊でしたね。
しかし、しっかりと眼に焼き付けてきましたよ。


らくたびレポーター もりた  

Posted by らくたびスタッフ    at 22:25らくたびレポーター

2008年11月08日

来年の初秋にはあの寺がブームに・・・

泉涌寺の別格本山に位置づけられる雲龍院さん。
観光タクシーのドライバーさんもとっておきの場所として
案内なさっています。
そんな京都の今や数少ない穴場がついに。。。。。
あのJR東海さんのCM撮影が入ってしまいました。
嬉しいやら悲しいやら。。。

来年の初秋には「そうだ、京都いこう」のCMで
この 「 悟りの窓 」 が流れるに違いありません。
  

Posted by らくたびスタッフ    at 22:33山村

2008年11月06日

王道ですが清水寺の紅葉情報です

青空のもと、清水寺の三重塔辺りが綺麗に色づいてきてました。

忠僕茶屋の緋毛氈と紅葉、そして三重塔の朱色が、青空に映えて絵になりますねぇ〜face02



らくたびレポーター奥村
  

Posted by らくたびスタッフ    at 01:00らくたびレポーター

2008年11月03日

今年の漢字

日本漢字能力検定協会主催の「今年の漢字」の応募が始まりました。

これは今年の世相を表す漢字一字を応募して選ぶもので、今や京の師走の風物詩になりつつあります。

選ばれた漢字は12月に清水寺の貫主さんによって清水の舞台の上で発表されます。

昨年は相次ぐ食品偽装などの影響で「偽」が選ばれました。
さて今年はどの漢字になるでしょうか?

私もこの一年を振り返って自分の一字を考えてみたところ、、、
「笑」になりました。

応募は12月3日まで、発表は12月12日です。
結果が楽しみですね。

らくたびレポーター 森
  

Posted by らくたびスタッフ    at 08:44

2008年11月02日

大枝(おおえ)の柿

我が家から西山に向かって10分程歩くと、一面に柿畑が広がっています。

「大枝(おおえ)の柿」と呼ばれる洛西の富有柿は、大きめで甘味が強いのが特徴です。

今朝ちょっと様子を見に行ってきましたが、美味しそうに色付いてきていました。
農家の方のお話では、来週くらいから食べ頃になるそうです。

「柿が赤くなれば、医者が青くなる」という諺があるように柿は栄養価が
とても高い果物。

なかでもビタミンCが豊富で、ナント、みかんの2倍!!

と言うことは、、、風邪予防、美肌、ストレス解消、二日酔いの軽減などなど、
嬉しい効果が期待できそうです。(素晴らしい!)

紅葉巡り、特別拝観、ライトアップ、そして京都検定の勉強(全然してないけど)と
なにかと忙しいこれからの時期、柿を食べて元気に過ごしたいですね。

らくたびレポーター 森
  

Posted by らくたびスタッフ    at 19:31

2008年11月01日

「非公開文化財特別拝観」と神護寺の紅葉

10月31日から秋の「非公開文化財特別拝観」が始まりましたが、絶好の行楽日和の本日(11月01日)、早速、神護寺に「板彫弘法大師像」を、嵯峨野の広沢池近くの仏教大学宗教文化ミュージアムに清浄華院の寺宝展を見に行ってきました。板彫弘法大師像は初公開だそうで、私も板彫像という物を見るのは初めてで非常に興味深く拝観できました。神護寺と言えば、京都で真っ先に紅葉を迎える場所ですが、全体としては少し紅葉しているという感じです。

場所によっては、結構綺麗な所もありました。


仏教大学宗教文化ミュージアムは広沢の池の直ぐ南側にありますが、北側に見える遍照寺山がとても綺麗です。春の桜の頃もいい所ですが、秋も更にいい所という感じです。昨年らくたびさんのツアー「千代の古道」で広沢池周辺を歩いて以来、この遍照寺山がとても気に入ってます。雪が降ったら、どういう感じになるのでしょうか。楽しみですが、ここまで来るのが大変ですね。

らくたびレポーター坂田

  

Posted by らくたびスタッフ    at 22:48らくたびレポーター