京つう

  らくたび  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2016年12月07日

<予約受付中>12月24日「クリスマスゆるり茶会」

<クリスマスゆるり茶会> -聖なる夜を祝して一服-

毎月たくさんの方にご参加いただいております、「ゆるり茶会」。
昨年に引き続き、12月は”クリスマスバージョン”で開催いたします!!

クリスマスツリーを飾り、イルミネーションの点灯、
そして、
らくたびサンタからのプレゼントもご用意しております。

お茶室はすでにクリスマス仕様に・・・ICON120




また、今回のお茶会では、
弊社が編集を担当し、11月に発売されました『ことりっぷマガジン別冊 甘いしあわせ 京都案内』
ご紹介させて頂いている生菓子をご用意する予定です!!!



クリスマス仕様のとってもかわいいお菓子なんですよ~♪

ただいま絶賛受付中です!らくたび京町家でクリスマスイブを楽しみましょうface02

詳細はこちらからどうぞ  

Posted by らくたびスタッフ    at 18:12Comments(0)

2016年12月06日

11月27日京都さんぽ・早朝に眺める紅葉名所・東福寺塔頭の光明院

らくたび講師の山村純也がご案内する11月27日の京都さんぽ・早朝に眺める紅葉名所・東福寺塔頭の光明院へ添乗に行きました。朝からの雨で艶のある紅葉を観賞しました。

東福寺門前にて



光明院は東福寺の塔頭寺院で金山明昶が開祖、1391年に創建されました。早朝から混雑している東福寺の通天橋あたりとは反対に、ひっそりとたたずむ光明院はゆっくりと庭園が楽しめる穴場的存在です。昔は池泉庭園であったけれど昭和十四年に重森三玲が現在の枯山水庭園に改築しました。春は梅と桜、夏は新緑、秋は紅葉と四季折々に七色に変わる庭として“虹の苔寺”としても有名で“酒の松竹梅のCM”や“JRそうだ京都へ行こう”などで紹介されたそうです。

光明院へ行く途中にも紅葉が



静かにたたずむ東福寺塔頭・光明院



オレンジ色の紅葉が迎える光明院玄関



寺院に入ると門前からはおよそ想像できない重森三玲が設計した庭園が視界に広がります。重森三玲は庭園の背後に皐月、つつじを雲紋になぞって刈り込み、南郷洗堰の石を大小用いて釈迦、阿弥陀、薬師如来を現した三尊石組、放射線状に光明を発する75の石を配置。そして、海と海岸を演出した州浜を枯山水に取り込みました。苔の中に小さな石を配置しているのは波しぶきを表現しています。

庭園は想像をはるかに超えた広い庭園



一度のシャッターで収めきれないお庭



何回かわけてシャッターをきります



四回にわけて全体を撮りました



角度を変えて撮影



海と海岸を演出した州浜を表現



苔の中に小さな石を配置した波しぶき



枯山水に州浜を取り入れた重森三玲の庭園



三尊石組、放射線状に光明を発する石群



一見乱雑に置いてあるように見える石も、山村講師の説明を聞いて庭を見ると一つ一つ意味を持つ庭に見えてしまうのが不思議です。庭の周りを紅い紅葉と緑の皐月、つつじが絶妙なコントラストも抜群で、どこから写真を撮っても様になる庭園でした。

次回は、季節ごとに訪ねて変化するお庭を検証してみたいと思います。
らくたび 谷口






  

Posted by らくたびスタッフ    at 21:12Comments(0)らくたびガイドと歩く散策谷口

2016年12月05日

11月22日 京都さんぽ 錦秋彩る洛北屈指の紅葉スポット レポート

らくたびガイド富田啓子がご案内した11月22日の京都さんぽ見ごろを迎えた洛北の紅葉スポットをご報告いたします。コースは金福寺、北山別院、、詩仙堂、八大神社、圓光寺、穂野出ほかです。


金福寺


臨済宗南禅寺派のお寺。当寺を訪れた松尾芭蕉を偲んで与謝蕪村が造った茶室の芭蕉庵が紅葉と相まってきれいでした。井伊直弼と出会い倒幕派の情報を送るスパイとなって数奇な運命を送った村山たか女のゆかりのお寺でもあり、たか女が創建した弁天堂などがあります。寺の門を入ると真っ赤な紅葉が出迎え、中程に入ると紅葉に包まれた芭蕉庵を見上げて歩くお庭が続きます。静かにたたずむこのお寺のお庭の縁側にすわりガイドの富田さんがほのぼのと金福寺の歴史を語りました。

芭蕉庵を臨むお庭



お庭の縁側から



紅い紅葉がお出迎え



本願寺北山別院



金福寺を後にして本願寺北山別院に向かいました。もとは天台宗の寺院で比叡山三千坊の一つでした。親鸞聖人が比叡山で修行をしていたとき、毎夜内緒で聖徳太子ゆかりの六角堂へお参りをしていました。その比叡山から六角堂にむかう途中で身を清めていたお寺がこの北山別院です。1678年に浄土真宗のお寺に帰属し本願寺の別院となりました。
北山別院境内



詩仙堂庭園



静かな寺院を拝観した後は徳川家康の側近、石川丈山が隠居として建てた草庵の詩仙堂を訪ねました。詩仙堂は、凹凸窠(でこぼこした土地)の土地にいくつかの住居が建てられその中の“詩仙の間”に丈山が選んだ中国の詩人三十六人の肖像を狩野探幽・尚信に描かせて額を掲げたことから詩仙堂と呼ばれるようになりました。今回お目当ての庭園は丈山好みの唐様庭園で黄色、オレンジ、赤の紅葉が庭を彩っていました。丈山が山の猪をおどすために考えたとされる“鹿おどし”も秋の庭園に鳴り響いてましたが、所狭しと庭を散策する人間には“おどし”になっていませんでした(笑)。
お庭から見る詩仙堂



八大神社本殿


詩仙堂を出たすぐそばに八大神社があります。八大神社は都の東北・表鬼門に位置することから古くより都を守る方除けの神様として信仰されてきました。ご祭神は素戔嗚尊、櫛稲田姫命、八柱子命です。また、神社の境内地にある“一乗寺下がり松”は剣聖宮本武蔵と吉岡一門が決闘した場所でも有名で、今もファンの人達がこの神社を訪れています。
圓光寺


紅葉のお庭めぐり最後のお寺は徳川家康が禅師を招いて建立した洛陽学校の圓光寺へ。当初は伏見に建立されたのですが、その後相国寺山内に移り1667年に現在の一乗寺に移転されました。出版に使用された木活字があり、出版文化を発信したお寺のようです。庭園は枯山水の「奔龍庭」や苔と紅葉で有名な「十牛之庭」があります。十牛とは牛を主題とした十枚の絵で禅の悟りをあらわしたものです。その悟りをお庭で表現されています。お庭は紅葉の絨毯が広がり、また竹林の緑もあって、こちらでも色とりどりの秋の風景が楽しめました。

見ごろの紅葉の圓光寺



圓光寺の庭園



竹林と紅葉



紅葉の絨毯が広がる庭園



本日散策した洛北一乗寺、修学院エリアは比叡山に臨み延暦寺根本中堂に至る山道の雲母坂があります。都から見ると雲がもくもくと発生しているように見える、また、地質の花崗岩が砕けた土地柄で土砂中のキラキラ光る雲母が夕陽に照らされ光ることから雲母坂と呼ばれたなど諸説あります。

紅葉の比叡山を臨む



比叡山に続く雲母坂で



雲母坂で忘れてならないのが穂野出さんの“雲母漬”。小茄子を京都の白味噌で漬けたものです。ここから山を登る僧をはじめ登山者が急な坂を登る苦しさの中、楽しみの一つとなった伝統の味を守り続けている雲母漬です。らくたびのイベントでお出しする点心の一品でもお世話になっています。これは京都の逸品です。

雲母坂の穂野出さん



雲母漬



小茄子を京都の白味噌で漬けた雲母漬



また一乗寺のお土産物で忘れてならないのが一乗寺中谷さんの和と洋のスイーツです。私は“でっち羊羹”が大好きでお店で珈琲とでっち羊羹のセットをいただきました。
一乗寺中谷



珈琲とでっち羊羹のセット




今年は例年よりも一週間ほど早い見ごろを迎えた京都の紅葉。これは急げと紅葉狩りに行かれた方もも多くおられたのではないでしょうか。四季の移ろいをいち早くあちらこちらへと出かけるのも楽しみの一つです。京の四季を京都さんぽで是非お楽しみください。

らくたび 谷口




  

Posted by らくたびスタッフ    at 21:52Comments(0)らくたびガイドと歩く散策谷口

2016年12月05日

12月18日 京都さんぽのお知らせ

12月18日(日)
 
柚子の香りが広がる水尾の里で
名物・鶏すきを味わって柚子湯へ




集合場所 : 11時 JR山陰本線・保津峡駅 改札前
ご案内 : 講師・若村 亮

★30名様限定
★申し込み期限 : 12月12日(月)


くわしくは こちら へ
  

Posted by らくたびスタッフ    at 09:00Comments(0)散策・講座のご案内

2016年12月03日

京阪ウォーク《12/3 今秋最後の紅葉を訪ねて長楽寺と昭和の名庭・友禅苑の美しい彩り》散策レポート♪

京阪ウォーク《12/3 今秋最後の紅葉を訪ねて長楽寺と昭和の名庭・友禅苑の美しい彩り》散策レポート♪


京阪・祇園四条駅から出発する京都さんぽ《京阪ウォーク》
今回は月に一度の特別講座と散策の豪華二本立てでした!


午前中の特別講座では、12月ということでテーマは「年の瀬の恒例行事と初詣人気社寺」。
南座の顔見世興行や大根炊きなどなど・・・。京都の冬の恒例行事について案内所の休憩スペースにてご紹介!
立ち止まって寄ってくださる方や、飛び入れでの参加される方も多くいらっしゃいました。

特別講座は京阪・祇園四条の案内所にて毎月第1土曜日に開催!
講座の聴講は無料!毎月テーマをかえ、時間も40分ほどなので自由に気楽に参加できる講座ですface02



午後からは京阪ウォークに出発!
祇園四条駅からスタートし、南座の顔見世興行のまねきを眺めながら北座跡の石碑の立つ井筒八ッ橋の前を通り、祇園白川に向かいます。
白川夜船のお話や吉井勇さんの石碑の説明を聞きながら辰巳大明神に到着。途中川沿いに紅葉の綺麗な場所もまだ少し残っていました!


~南座~



~辰巳大明神~




その後、知恩院に向かう途中、写真の人気スポットでも有名な一本橋へ。
阿闍梨橋とも呼ばれておりますが、小川や川沿いの柳と合わせてとても素敵です。
その後は知恩院に到着!とても立派な三門を抜けると参道が二つに分かれており、緩やかな女坂、急な石段の男坂のどちらを進むかを選ぶことができます。
女坂側の入り口の近くにには名庭・友禅苑の受付があり、中を拝観することができます。
庭園の奥の方の紅葉がまだまだ鮮やかな色を残しており、とても華やかでした。
御影堂の方へ向かう参道は男坂の方を選択してみました。段差が一つ一つが高いので中々大変でしたが、上がって振り返ったときの達成感があるので足腰に自信のある方おすすめです!


~一本橋~



~知恩院参道 男坂~



知恩院を散策し、大鐘楼から円山公園をぬけ吉水辨財天へ。
ひっそりと佇む神社ですが境内の重要文化財の石の宝塔など拝観することもできます。

~吉水辨財天~



そこから円山公園を右手に眺めながら長楽寺へ。
平家物語に登場する平清盛の次女・建礼門院徳子のゆかりの寺院です。
中では拝観所や本堂、収蔵庫他、境内を散策することができます。

~長楽寺~



最後に円山公園で坂本龍馬・中岡慎太郎銅像を見つつと長楽館前で解散しました。
円山公園の紅葉が散りはじめてはおりましたが、奥の方がまだまだ綺麗に色づいていますので、東山界隈を散策される方は来週の前半ごろまででしたら今秋最後の紅葉を楽しめそうです!


次回京阪ウォークは、12月17日(土)12:30~伏見稲荷の散策を予定しております!
稲荷山をぐるっと歩く予定ですので、皆さま歩きやすい靴と服装・荷物でお越しください
face01

皆さまのご参加お待ちしておりますface02


らくたび 渡部
  

Posted by らくたびスタッフ    at 20:16Comments(0)京阪・祇園四条駅観光案内所

2016年12月03日

12月10日 京都さんぽのお知らせ

12月10日(土)
 

了徳寺の大根焚きで息災を祈願し
格式高き門跡寺院・御室仁和寺へ





集合場所 : 10時半 嵐電・御室仁和寺駅 改札前
ご案内 : 講師・森 明子

くわしくは こちら へ
  

Posted by らくたびスタッフ    at 09:00Comments(0)散策・講座のご案内

2016年12月02日

《11/26 金戒光明寺の紅葉ライトアップと、闇夜に社寺をめぐるナイトツアーへ》散策レポート♪

《11/26 金戒光明寺の紅葉ライトアップと、闇夜に社寺をめぐるナイトツアーへ》散策レポート♪

先日の京都さんぽでは、法然上人縁の「金戒光明寺」の紅葉のライトアップをメインに、
真如堂・宗忠神社・吉田神社などの闇夜の古社を巡るナイトウォークを行いました!



神宮丸太町から出発し、聖護院・熊野神社立ち寄りながら金戒光明寺の紅葉ライトアップへ!ICON122
御影堂・大方丈・庭園も特別見学もでき、美しいお庭のライトアップや、特別公開中の伊藤若冲の屏風や弟子とされる處冲掛け軸なども見ることができました。
ライトアップは11/27まででしたが、お昼の特別公開は12/4(日)までみることができます。face02


~金戒光明寺 お庭のライトアップと紅葉~










ライトに照らされた紅葉は、夜の闇に映えてとっても綺麗でした!


その後、真如堂や陽成天皇陵、宗忠神社から吉田神社へ。
街灯があまり明るくないところでは、足下を懐中電灯で照らしながらどんどん進みます!
夜の神社や寺院はお昼とはまた違う厳かな雰囲気を感じました。ICON121

~吉田神社~







夜の京都もお昼とは違う幻想的な雰囲気を感じることができるので素敵ですねicon12



金戒光明寺は先月末にライトアップは終了してしまいましたが、
京都の様々な社寺の特別公開やライトアップは、今週末まで開催している所がまだまだございます。
皆さまぜひ優美な夜の京都を感じてみてはいかがでしょうか。icon12


らくたび 渡部

  

Posted by らくたびスタッフ    at 17:54Comments(0)渡部

2016年12月01日

「 らくたび京町家 」 手描き看板コレクション

【 「 らくたび京町家 」手描き看板コレクション 】
「 らくたび京町家 」で開催するお茶会や町家イベントのとき、町家前に
設置している看板は、らくたびスタッフ・河村の手描きによるものです。

毎回「 次の看板よろしく~! 」とお願いしておくと、お茶会やイベントの
趣旨に合わせた看板を用意してくれます。看板は通りに面して出しておくので、
道行く人が足を止める姿もよく見かけます。

私(森)自身、この看板の大ファンでして(笑)、これまで集めてきた
「 看板写真 」の一部をご紹介しましょう!

























尚、12月も「 らくたび京町家 」にて師走を楽しむイベントを行います。

◆ クリスマスゆるり茶会
http://www.rakutabi.com/yururi_chakai.html

◆ 町家イベント「 お餅つき 」
http://www.rakutabi.com/kyo_machiya.html
町家にお越しの際は看板にもご注目くださいね。皆さまのご参加お待ちしています。

らくたび 森
  

Posted by らくたびスタッフ    at 09:00Comments(0)散策・講座のご案内らくたび京町家のご案内

2016年11月29日

山科の「 諸羽神社 」の絵馬がすばらしい

昨日は紅葉のご案内で山科エリアを散策しました。
途中立ち寄った「 諸羽神社(もろはじんじゃ) 」には、来年の干支(酉)の絵馬が
奉納されていたのですが、こちらがすばらしい!



実は4年連続でこの時期に訪問していますが、毎年手の込んだ絵馬が見られます。
しかも年ごとに緻密になっていて、「 今年はどんなんだろう? 」と訪問が楽しみに
なっています。

2年前のヒツジの絵馬はこちら(モコモコした質感がいいでしょ?)


今年もいよいよあと一か月です。(ひぇ~!!)

らくたび 森  

Posted by らくたびスタッフ    at 12:00Comments(0)

2016年11月29日

<紅葉ゆるり茶会>開催しました

<紅葉ゆるり茶会>
 ―鮮やかな紅葉が舞う季節に一服―





今週末も紅葉を楽しみにお出かけする人で賑わった京都。
らくたび京町家では、11月26日に毎月恒例のゆるり茶会を開催いたしました!

まずは紅葉にまつわるミニ講座。今回は山村が講師を務め、
京都の紅葉の名所についてお話しました。




今回の点心は・・・こちら!




鴨のスモーク、吹き寄せ、柿なます、雲母漬け、焼き栗など。
食前酒は、もうすぐノーベル賞の授賞式!ということで、
ノーベル賞の晩餐会の席でも出されたという神戸・酒心館の『福寿』をいただきました。
お味はいかがでしたでしょうか?^^

お茶の安達先生が用意して下さる箸袋には「かえで」の文字が。
今月もすてきです♪


そして、お茶の席へ・・・。
11月は「炉開き」の月でもあるため、今月はお茶室にて行いました。



数名ずつ、お座敷からお庭を通ってお茶室へ。
皆さま毎回楽しみにしてくださっているお茶菓子は、だんだんと冷えてくるこの時期を思い、温かいぜんざいをご用意しました。

お茶席をお待ちの間は、お座敷にて歓談。
おひとり様のご参加が多いですが、皆さまお話を楽しまれていましたよ。


さて、来月のゆるり茶会は・・・、
<クリスマスゆるり茶会>-聖なる夜を祝して一服- です!!
クリスマスツリーで町家を彩り、いつもとはひと味違った会になる予定。
らくたびサンタからのプレゼントも・・・!?
限定20名様の受付けですので、お申し込みはお早めにどうぞ。

お待ちしております!!

らくたび 奥村  

Posted by らくたびスタッフ    at 11:57Comments(0)らくたび京町家

2016年11月28日

12月4日(日)下鴨エリアを散策します

「 らくたび 」では、下鴨神社(糺の森)の紅葉と、今秋に公開が始まった
ばかりの話題のスポット「 旧三井家下鴨別邸 」を訪問する散策を企画しました。

12月 4日(日)
初公開!豪商旧三井家下鴨別邸と
暮秋を彩る下鴨神社の名残の紅葉



集合場所 : 10時 地下鉄・今出川駅 南改札前
ご案内 : 講師・森 明子
くわしくは こちら へ

ちなみに・・・
昨日(11月27日)の「 旧三井家下鴨別邸 」の紅葉は「 色づき始め 」といったところ。



これから日を重ねるごとに彩りを増していくことでしょう。12月4日(日)が楽しみです。
一緒に今年最後の紅葉狩りへ~。ご参加お待ちしています。

らくたび 森  


Posted by らくたびスタッフ    at 18:00Comments(0)散策・講座のご案内

2016年11月26日

12月 3日 京都さんぽのお知らせ

12月 3日(土)

◎ 京阪ウォーク ◎
 
今秋最後の紅葉を訪ねて長楽寺と
昭和の名庭・友禅苑の美しい彩り





集合場所 : 13時 京阪・祇園四条駅 観光案内所前(地下)
ご案内 : 講師・田中 昭美

くわしくは こちら へ

  

Posted by らくたびスタッフ    at 09:00Comments(0)散策・講座のご案内

2016年11月25日

12月 4日(日) 京都さんぽ「 旧三井家下鴨別邸と名残の紅葉 」のお知らせ

京都の紅葉もいよいよフィナーレに近づいてきました。
今年は例年と比べると少し紅葉の訪れが早かったような気がします。

しかし!!
京都の各所で紅葉が散り始めるころ、いよいよ色づき始める紅葉スポットが
あるのです。それが「 下鴨神社の糺の森 」。例年、紅葉が見ごろを迎えるのは
12月に入ってからのこと。

今年の紅葉が全般的に少し早かったこともあって、「 もしや、下鴨神社も早い? 」
と心配になり、本日様子を見に行ってきましたが・・・ 
ご覧の通り、まだ「 青もみじ 」です。安心しました・・・ (11月25日16時頃撮影)



これから日を重ねるごとに色づきが増して、京都の紅葉絵巻のフィナーレを
飾ってくれることでしょう。

「 らくたび 」では、この下鴨神社の紅葉と、今秋に公開が始まったばかりの
話題のスポット「 旧三井家下鴨別邸 」を訪問する散策を企画しました。

12月 4日(日)
初公開!豪商旧三井家下鴨別邸と
暮秋を彩る下鴨神社の名残の紅葉



集合場所 : 10時 地下鉄・今出川駅 南改札前
ご案内 : 講師・森 明子

くわしくは こちら へ

一緒に今年最後の紅葉狩りを楽しみましょう。
ご参加お待ちしています。

らくたび 森  

Posted by らくたびスタッフ    at 21:00Comments(0)散策・講座のご案内

2016年11月25日

11/25京都さんぽ 《圧巻の紅葉参道・粟生光明寺と道真が名残を惜しんだ長岡天満宮》散策レポート♪

11/25京都さんぽ 《圧巻の紅葉参道・粟生光明寺と道真が名残を惜しんだ長岡天満宮》散策レポート♪


今回の京都さんぽは、西山エリアの紅葉の名所・長岡天満宮から粟生光明寺界隈を散策して来ました!
先日と同じ西山エリアですが、大原野の紅葉とはまた違う鮮やかな美しい紅葉でしたicon12


阪急電車の長岡天満宮駅から出発し、歩いて10分ほどで長岡天満宮に到着!
菅原道真公が太宰府に左遷されるとき、京の都に名残を惜しんだ地に創建された神社。
春の時期の霧島ツツジで有名な神社ですが、参道や境内の”錦景苑”の紅葉もとても素敵でした♪

~長岡天満宮 参道~





~錦景苑~




次に向かったのは、早良親王や弘法大師空海との縁のある乙訓寺へ!
こちらも春には美しい大輪の牡丹を咲かせることで有名なお寺です。
今の時期は、境内の紅葉とたわわに実った柑橘樹が人々の目を楽しませてくれます。

~乙訓寺 境内~



西山と畑の広がる風景を眺めながら散策し、最後に向かったのは粟生光明寺!
西山浄土宗総本山であり、法然上人が最初に念仏の教えを説いたと伝わる地に弟子の熊谷次郎直実が開いたといわれています。
秋には境内の至る所が鮮やかな紅に染まり、特に緩やかな坂道の参道は”紅葉参道”と呼ばれています。
両側の木々が大きく枝を伸ばし、華やかに色付いた紅葉のトンネルは必見です!


~粟生光明寺 表参道~



~紅葉参道~




先日の大原野方面と合わせて西山エリアは紅葉の名所が沢山です!
今がちょうど見頃の紅葉を観に行ってみてはいかがでしょうかface02

らくたび 渡部  

Posted by らくたびスタッフ    at 20:29Comments(0)

2016年11月24日

西本願寺「 埋め木 」探しがとても楽しい!

先日、浄土真宗本願寺派の本山である西本願寺に行ってきました。

この時期には御影堂の前に建つ大きな銀杏の木が見事に
色づき、参拝の目を楽しませてくれています。(11月20日撮影)

本日も訪問しましたが、まだまだきれいでしたよ。

さて、今日は西本願寺の「 御影堂 」「 阿弥陀堂 」の「 埋め木 」に
ついてご紹介しましょう。

「 埋め木( うめき ) 」とは・・・
お堂の縁側や廊下の節穴や亀裂に埋め込まれた木のこと。
単に「 修復 」するだけでなく、そこに動物や植物、モノをかたどった木を
埋め込むことによって、参拝される人びとを少しでも癒すことができればという
大工さん達の粋な気遣いがあるそうです。

ということで・・・ 探してみると・・・ 
富士山、ナス、鷹(?)、帆掛け船、花、瓢箪、魚など、あるわ、あるわ・・・(笑)
これは楽しい!お参りに来ていたちびっこたちも夢中になって探していました。
(こういうのってこどもの方が見つけるのがうまいんですよね~)

ご参拝の時には足元にも注目してみてください。







らくたび 森  

Posted by らくたびスタッフ    at 18:00Comments(0)

2016年11月23日

12月 3日 京都さんぽ≪京阪ウォーク≫のお知らせ

12月 3日(土)
◎ 京阪ウォーク ◎


今秋最後の紅葉を訪ねて長楽寺と
昭和の名庭・友禅苑の美しい彩を
楽しんでみませんか。




集合場所 : 13時 京阪・祇園四条駅 観光案内所前(地下)
ご案内 : 講師・田中 昭美


くわしくは 
↓ ↓ ↓
http://www.rakutabi.com/sanpo_sp1.html#s20161203
  

Posted by らくたびスタッフ    at 21:40Comments(0)

2016年11月23日

■特別講座 ■ 12月3日(土) 11:00~11:40

■特別講座 ■ 12月3日(土) 11:00~11:40
『年の瀬の恒例行事にでかけよう!初詣の人気社寺もご紹介』

師走に入ると京都のあちこちで冬の風物詩・恒例行事が執り行われます。千本釈迦堂の「大根炊き」や北野天満宮の「大福梅の授与」や「終い天神」、知恩院の「除夜の鐘の試し撞き」などなど、寒さも吹き飛ぶ由緒ある社寺で、ゆく年に感謝しくる年の招福息災を願いましょう!



参加料金:無料(自由聴講 / イス席20名・立ち見は自由)
場所:京阪・祇園四条駅 観光案内所休憩スペース
講師:田中昭美(京都学講師/らくたび)

  

Posted by らくたびスタッフ    at 21:22Comments(0)京阪・祇園四条駅観光案内所

2016年11月23日

11月23日京都さんぽ  《平安貴族にも愛された西山の紅葉 深紅に彩られた紅葉と美仏の競演》散策レポート♪

11月23日京都さんぽ 
《平安貴族にも愛された西山の紅葉 深紅に彩られた紅葉と美仏の競演》散策レポート


今回は、京都の紅葉の名所“西山エリア”の中でも、特に彩りが美しい勝持寺や、
国宝・如意輪観音像を祀る願徳寺から大原野神社、正法寺を拝観・散策をしてきました♪


23日当日は朝から冷え込んでおり、冬の訪れを感じる中JR向日市駅前のバス停から出発!
阪急バスに乗り目的地の最寄り南春日町まで向かいます。
バスは1時間に1本のみ!そこから20分ほどバスに乗ります。


バス停に到着し、そこから歩いて約20分。
参道の途中様々な史跡を見ながら最初に着いたのは勝持寺。
参道から真っ赤な紅葉が他の木々と合わさり、色のグラデーションがとても綺麗なお庭でした!
宝物館では仁王像やご本尊の薬師如来に日光・月光菩薩、十二神将像などが安置されており、拝観することもできます。
また、西行法師が出家したお寺と伝えられており、彼の植えたとされる桜は西行桜と称し「花の寺」として花の名所としても有名です。

~勝持寺 紅葉~



~勝持寺 境内~



その後勝持寺のお隣の宝菩提院願徳寺へ!
こちらのお寺では応仁の乱の戦火を逃れた平安時代に造られた仏像が安置されています。
ご本尊の如意輪観音菩薩半跏像は平安時代前期に1本の榧の木から彫られており、国宝にも指定されています。
元々金箔や色彩などは施されておらず、今の色合いは木の肌が千二百年の間に自然と色が変わったそうで、とても美しいお姿でした。


寺院を出て来た道を戻り、次に大原野神社に向かいます。
平安貴族・藤原氏の氏神としても厚く崇敬された神社で、奈良の春日大社の神々をこの地にお祀りしていることから「京春日」とも呼ばれております。
こちらも紅葉の名所としても有名で、参道やお茶屋周辺の池に鏡のように映り込んでおりとっても綺麗でした!

~大原野神社~



~大原野神社 鯉沢池~




最後に神社の向かいにお向かいの正法寺へ。
うさぎや象、ライオンなどに見立てた自然石を配置したユニークな枯山水庭園がお部屋の前に広がり、お天気が良い日には稲荷山や音羽山、醍醐山など東山の方まで景色を望むことができます。
西山の昔の景色を描いた書院襖絵や、紅葉や桜の時期には境内が鮮やかに彩られる美しい寺院です。

~正法寺 石庭~




~正法寺 参道~



今回の散策レポートは以上です!
西山のエリアの紅葉の見頃もあと少し!
皆さまぜひ足を運んでみてはいかがでしょうかface02


らくたび 渡部


  

Posted by らくたびスタッフ    at 19:56Comments(0)渡部

2016年11月20日

11月27日 京都さんぽのお知らせ

11月27日(日)
 
早朝に眺める紅葉名所・東福寺と
光明院・知積院など隠れた紅葉へ




集合場所 : 8時 京阪・東福寺駅 東改札前(JR東福寺駅と直結)
ご案内 : 講師・山村 純也

くわしくは こちら へ
  

Posted by らくたびスタッフ    at 09:00Comments(0)散策・講座のご案内

2016年11月19日

11月26日 京都さんぽのお知らせ

11月26日(土)
 
金戒光明寺の紅葉ライトアップ
闇夜に社寺を巡るナイトツアーへ




集合場所 : 17時 京阪・神宮丸太町駅 改札前
ご案内 : 講師・若村 亮

くわしくは こちら へ
  

Posted by らくたびスタッフ    at 09:00Comments(0)散策・講座のご案内